「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

2015年の漫画ベスト10

2015年の漫画ベストです。順不同で、作者の名前順になっております。

1. 相田裕 「1518」 (小学館 / スピリッツ / 2巻)

高校の生徒会を舞台にした青春群像劇。人間兵器という特殊な登場人物を描いていた GUNSLINGER GIRL とは違い、至ってフツーの高校生たちを丹念に描いている。物語のフックになってる生徒会長がいい。格好良いパイセンって素晴らしい。

2. 葦原大介 「ワールドトリガー」 (集英社 / 週刊少年ジャンプ / 13巻)

異世界からの侵略者・ネイバーと防衛組織・ボーダーの戦いを描くSFアクション。持たざるものが主人公ってのが今っぽい。いま一番面白い少年マンガ。

3. いくえみ綾 「あなたのことはそれほど」 (祥伝社 / FEEL YOUNG / 3巻)

既婚者の女性が小学校の頃から好きだった同級生と再会し不倫関係に。W不倫ものなんだけど、いくえみ綾の特有の平熱感が相手への執着を際立たせていて怖い。G線上のあなたと私、太陽が見ている(かもしれないから)、私・空・あなた・私、と精力的に連載中。すごい。

4. 石塚真一 「BLUE GIANT」 (小学館 / ビッグコミック / 7巻)

世界一のサックス奏者になる。この愚直で真っ直ぐな思いに突き動かされた、高校3年生の宮本大の日常の積み重ねを描く。上京後、いよいよグループを結成しライブ活動が始まっている。いま一番熱い音楽マンガ。

5. うめ 「スティーブズ」 (小学館 / スペリオール / 3巻)

スティーブ・ジョブズとスティーブ・ウォズニアック、2人のスティーブの若かりし頃を描いた伝記もの。これまで特にジョブズに興味を持つことなく生きてきたので、歴史的な正しさは分からないけど、青春群像劇として単純に面白い。

6. 沙村広明 「波よ聞いてくれ」 (講談社 / アフタヌーン / 1巻)

業界人の中年男性にダマされ、ワケも分からずラジオDJデビューすることになる、アラサー女子の物語。あまりにテンポの良い会話劇が秀逸。無論、この会話劇があるからこそ、ラジオDJとしての才能を主人公に期待したくなるわけで期待感しかない。

7. 都留泰作 「ムシヌユン」 (小学館 / スペリオール / 2巻)

与那瀬島で謎の昆虫を採取しようとしたところを噛みつかれて体内に寄生され、チンコが異形化。主人公がますます性欲に取り憑かれる中で、地球外生命の侵略に対抗する国家レベルの話が交錯して、訳の分からなさに拍車がかかるが、とにかく見逃せない。


8. 東村アキコ 「かくかくしかじか」 (集英社 / Cocohana / 全5巻)

祝完結! 最終巻の日高先生の表紙を見ただけで涙腺が緩む。話の中で、絵画教室の生徒を指導する下りが出てくるんだけど、長所や短所など他者の突出した部分をパッと見抜く眼力は、やっぱタダモンじゃないなと。上杉謙信は女性説を描く新連載 「雪花の虎」、「東京タラレバ娘」 も楽しみな連載。

9. 松浦だるま 「累」 (講談社 / イブニング / 7巻)

母親は伝説の女優。娘の累(かさね)は、母とは似ても似つかない醜い顔だが演技力は母ゆずり。そんな彼女に、母親が遺した1本の口紅。それは他者の顔を奪うことが出来るという謎の力を持つ口紅だった。陽の当たる場所を渇望する話だが、背負わされた業と自ら背負った業の大きさに、読んでるこちらが押しつぶされそうになる。いま最もスリリングなマンガ。

10. ヤマザキマリ / とり・みき 「プリニウス」 (新潮社 / 新潮45 / 3巻)

「博物誌」 を著した古代ローマの博物学者、プリニウスを虚実を織り交ぜて描く歴史伝奇ロマン。ヤマザキマリがネームと人物画、とり・みきが背景・仕上げを担当してるそうなんだけど、とり・みきの背景がすごくて、とにかく妖しい説得力があって引き込まれる。


その他、連載中のものだと、あだち充 「MIX」、今井哲也 「アリスと蔵六」、羽海野チカ 「3月のライオン」、遠藤浩輝 「オールラウンダー廻」、オノナツメ 「ACCA13区監察課」、くらもちふさこ 「花に染む」、島本和彦 「アオイホノオ」、中島三千恒 「軍靴のバルツァー」、三宅乱丈 「イムリ」、吉田秋生 「海街 diary」 あたりは鉄板ですね。娘の家出、こいいじ、淡島百景と志村貴子さんも絶好調。鳥飼茜の 「先生の白い嘘」、おかざき真里の 「阿・吽」 あたりは加速中。

祝完結は、河合克敏の 「とめはねっ!」 くらいかな。
[PR]

# by bigflag | 2016-01-12 00:20 | ・マンガ | Trackback | Comments(0)  

2015年の音楽ベスト Vol.5

最後に印象的だったライブを羅列して、音楽ベストを終わりたいと思います。

◆Live◆

・01/15 きのこ帝国 @梅田クラブクアトロ
・01/16 Mac DeMarco @サンホール
・01/31 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 @BIGCAT
・02/22 The finn. @梅田Zeela
・03/10 Mehliana @梅田クラブクアトロ
・03/29 Negicco @OSAKA RUIDO
・04/05 シャムキャッツ @梅田Shangri-La
・05/09 ザ・なつやすみバンド @梅田Shangri-La
・05/27 Robert Glasper Experiment @ビルボードライブ大阪
・05/31 Especia @梅田クラブクアトロ
・06/18 Cero @神戸VARIT
・07/05 Cero @BIGCAT
・07/10 Lyrical School @OSAKA MUSE
・07/23 dCprG @umeda AKASO
・09/09 Avishai Cohen's Triveni @大阪市こども文化センター
・10/04 Especia @あべのロックタウン
・10/24 Colin Vallon Trio @大阪市こども文化センター
・11/09 一十三十一 @ビルボードライブ大阪
・11/17 Dam-Funk @ビルボードライブ大阪
・11/26 Battles @umeda AKASO
・12/30 東京女子流 @梅田クラブクアトロ

ベストアクトは、Dam-Funk かなー。Mehliana、Robert Glasper Experiment、Avishai Cohen's Triveni あたりもかなりすごかった。Mehliana ならマーク・ジュリアナ、RGEならマーク・コレンバーグ、Avishai Cohen's Triveni ならケンドリック・スコットと、ジャズ・ドラマーの凄みを体感できた一年でもありました。あと、デマルコさんはすきっ歯でかわいかったw。また今年もライブ出来る限り行くぜ!

・Dam-funk / Candy Dancin'



Vol.1 に戻る・・・
[PR]

# by bigflag | 2016-01-11 17:41 | ・音楽 - 年間ベスト | Trackback | Comments(0)  

2015年の音楽ベスト Vol.4

第4弾は、現代ジャズを少しかじるようになったので、その中から気に入ったものを紹介。現代ジャズの起点となったと言われている、ブラッド・メルドーのボックスセット 「The Art of the Trio, Recordings: 1996-2001」 は買ったものの、7枚組なんで聞くのすげー大変w。楽しいけど。

◆Jazz◆
・Avishai Cohen Trio / Gently Disturbed ('08)
イスラエルのベーシストによるトリオ。マーク・ジュリアナに惹かれて聞いた作品なんだけど、コーエンさんの指どう動いてんのというベースと変拍子が生むダイナミズムたるや超絶。メンバーは Shai Maestro(p) と Mark Guiliana(dr)。

・Avishai Cohen's Triveni / Dark Nights ('14)
イスラエルのトランペッターによるトリオ。上の方とは別人。メンバーはOmer Avital(b)、Nasheet Waits(dr)。フィルム・ノワール的な空気感漂う作品で、エフェクターをかけたトランペットの音色が闇夜にじわじわと溶けるよう。雰囲気もの。

・Becca Stevens Band / Weightless ('11)
ノース・キャロライナ出身のシンガー。出自はジャズ界隈だが、本作で聞ける表層はフォーク/カントリー。なのにカバーしてるのは Smiths、Animal Collective、Iron & Wine とインディロックというのが面白い。トクマルシューゴ好きなひとに。

・Brad Mehldau / The Art Of The Trio Vol.3: Songs ('98)
アメリカのジャズ・ピアニストによる同トリオの3作目。Radiohead や Nick Drake の鬱な名曲をカバー。硬質なリリシズムが彼の個性なのか、素晴らしい演奏の連続。メンバーは Larry Grendier(b) と Jorge Rossy(dr)。

・Erimaji / Conflict Of A Man ('12)
ジャズ・ドラマーJamire Williams によるプロジェクトで、Jason Moran(p) も在籍するバンド。いわゆるジャズではないが、ベースとドラムの爆発するような鳴りが圧巻。Robert Glasper Experiment 好きも余裕の射程範囲内の傑作。

・GoGo Penguin / V2.0 ('14)
イギリスはマンチェスターで結成されたピアノ・トリオによる2nd。Squarepusher を思わせるドラムンベースなドラミングと、英国的リリシズムを感じさせるメロディで、インディロック/クラブミュージックを通過してきた世代にドンピシャ。

・Marcin Wasilewski Trio / Faithful ('11)
ポーランドのジャズ・ピアニスト、マルチン・ヴァシレフスキによるECMからの3作目。2曲目Night Train To Youは、そのタイトルから浮かぶ情景そのままを落とし込んだ名曲。風を切り夜空を駆けるような躍動感を味わえる。

・Next Collective / Cover Art ('13)
Matthew Steven(g) など8人によるプロジェクトで、Christian Scott(tp) がゲスト参加。D'Angelo や N.E.R.D から、Stereolab や Bon Iver、果ては Pearl Jam までを端正かつクールにジャズ・カバー。全てが同じ地平で鳴っている。

・Nir Felder / Golden Age ('14)
アメリカのジャズ・ギタリストによる1st。オープニングから2曲は完全にポストロック。ポストロックとジャズ・ギターの折衷が完璧に上手くいっているわけじゃないんだけど、他にこんなことやってるひといないので。Lover はイイ線いってる。

・OAM Trio / Flow ('02)
Omer Avital(b)、Aaron Goldberg(p)、Marc Miralta(dr)の頭文字を取って名づけられたトリオ。アーロン・ゴールドバーグによる透徹とした美しい音色のピアノが、オマール・アヴィタルのベースと交錯するときに生じる緊張感がスリリング。

・Vijay Iyer Trio / Accelerando ('12)
インド系アメリカ人のジャズ・ピアニストによるトリオ第2作目。メンバーは Stephan Crump(b)、Marcus Gilmore(dr)。本作をもって現代ジャズにハマったと言える。Michael Jackson の Human Nature のカバーは驚愕。ドラムすごいよ。


Vol.5 へ続く・・・
[PR]

# by bigflag | 2016-01-11 02:07 | ・音楽 - 年間ベスト | Trackback | Comments(0)  

2015年の音楽ベスト Vol.3

第3弾は、カバーとミックスCD、コンピレーション、リイシューのベスト。

◆Cover◆
・原田知世 / 恋愛小説
洋楽のラブソングを集めたカバー作で、プロデュースは伊藤ゴロー。ジャジーなアレンジが施された曲がほとんどで、原田知世の透明感を生かした仕上がり。前半4曲が特に白眉。恋の面影や Fly Me To The Moon といった定番もしっかり。

・桑名晴子 / Moonlight Island
桑名正博の実妹が82年にリリースした、日本の70年代のポップス・カバー集。演奏はAB'Sというバンド。3曲目のDown Town(シュガーベイブ)からシティーポップ度が増して、夜が更けていく感覚を味わえる。実兄の"夜の海"は秀逸。

◆Mix CD◆
・D.L / Freedom Jazz Funk "Mellow Storm"
デヴ・ラージによる Jazz Funk ミックス。図らずも遺作となってしまったが、D.Lのメロウサイドが余すことなくミックスされている。ブッダの休日で、空を駆けて行くような気持ち良さと例えた、Joe Thomas の Coco も収録されている。

◆Compilation◆
・Ogre You Asshole / Workshop
homely、100年後、ペーパークラフトという3部作の集大成というべき、初のライブ盤。実際のライブ録音とスタジオ・ライブを重ねることで、より会場で聴いてる音に近づけるようにディレクションされている。

◆Re Issue◆
・坂本龍一 / 音楽図鑑
84年にリリースされた4th。図鑑というタイトル通り、エレクトロニック、クラシック、ジャズ、レゲエなど様々な要素に、エスニックな意匠をまとわせた音楽。どの曲も音色が美しく、軽やかながらもエッジが立っている。教授の最高傑作。

◆Song◆
・椎名林檎 / 長く短い祭り
向井秀徳を引っ張りだした紅白のパフォーマンスも最高でした。笑



Vol.4 へ続く・・・
[PR]

# by bigflag | 2016-01-09 21:09 | ・音楽 - 年間ベスト | Trackback | Comments(0)  

2015年の音楽ベスト Vol.2

続いて、次点のアルバム10枚(順不同/アルファベット順)をご紹介。ベスト10に入れていた Lauren Desberg を Chrisitian Scott と入れ替えました。なんとなくの気分ですね。笑

◆Best 20◆
11. Kamasi Washington / The Epic
LA出身のサックス奏者による、総勢70人で紡いだ3時間にもおよぶスピリチュアル・ジャズ。カマシ・ワシントンの前向きで強靭な人生観と祈りが込められた楽曲群の豊穣さに、心を撃ち抜かれる超大作。

12. Lauren Desberg / Twenty First Century Problems
LA出身のジャズ・シンガー、ローレン・デスバーグによるデビュー作。愛らしい歌声を引き立てるロマンティックなアレンジながら、リズムが立っているため、聞いていて飽きが来ない。10曲中7曲がカバー。(Name Your Price

13. Lyrical School / Spot
6人組ラップ・アイドルによる2nd。ハードコア路線、アイドル路線、日常系と3部構成になっているため、やや統一感には欠けるんだけど、"わらって.net" のアコースティック・バージョンが最高すぎるので、本作も文句なしでランクイン。

14. Knxwledge / Hud Dream
LAを拠点に活動するプロデューサー、ノレッジによる真っ黒いビート集。Stones Throw からのリリースで、同レーベルから出ている Madlib の Beat Konducta シリーズを彷彿させる。

15. Mac DeMarco / Another One
カナダの脱力系SSW、Mac DeMarco の3rd。日常系のサイケデリック・フォーク。サイケだけど日常系。前作 「Salad Days」 でヤラれて以来、常に携帯してるステキな野郎。多分、一生好きだな。

16. Mark Ronson / Uptown Special
イギリスのプロデューサーによる4th。80sファンクそのまんまに、キレッキレにアップデート。Feel Alright~Uptown Funk~I Can't Lose の流れは怒涛。このノリで最後まで突っ切って欲しかったけれど、さすがにそれは無理かw

17. Robert Glasper / Coverd
ピアノ・トリオによるスタジオ・ライブ作。セルフカバーに加え、Kendrick Lamar、Musiq Soulchild、John Legend、Bilal などR&Bを中心に、Radiohead や Joni Mitchell など様々な作品をカバーしているが、いずれもピアノの美しい音色が映える。

18. 泉まくら / 愛ならば知っている
福岡出身の女性ラッパーによる3rd。青さの残る日常を淡々と表現できる希少なリリシスト。プロデューサーをメインの nagaco ほか、Mitsu the Beats、Olive Oil、LIBRO、食品まつりと多数起用しているが、どれも自分のものにしている。

19. シャムキャッツ / Take Care
日本の4人組ロックバンドによるEP。傑作 「After Hours」 と地続きの感触で、日常の中にある美しさ、懐かしい情景を鮮やかに切り取っている。次作は George Baker の"Little Green Bag" みたいなノリを作りたいんだそうで楽しみ。

20. 星野みちる / You Love Me
元AKB48の星野みちるの3rd。ナイアガラ以降のポップスやアイドル歌謡へのオマージュなサウンドは相変わらずだが、よりバラエティ豊かに。doopees をメドレーにてカバーしたラスト・ソングで美しく締める。


Vol.3 へ続く・・・
[PR]

# by bigflag | 2016-01-04 02:07 | ・音楽 - 年間ベスト | Trackback | Comments(0)