「ほっ」と。キャンペーン

2008年の音楽ベスト Vol.2

第二弾は、ベストには及ばなかった次点の作品10枚(順不同)とコンピを紹介。

◆次点◆

 11. Fleet Foxes / Fleet Foxes (レビュー
2008年のベスト・ニューカマーのひとつ。

 12. Harry Beckett / The Modern Sound Of Harry Beckett (レビュー
2008年のベスト・ダブ・ミュージック!

 13. Kidda / Going Up (レビュー

 14. Lindstrom / Where You Go I Go Too (レビュー
2008年のベスト・プログレッシブ・ミュージック!

 15. Medeski Martin & Wood / Zaebos : Book Of Angels Vol.11 (レビュー
2008年のベスト・ジャズは惜しくも逃したが、カバーアルバムではベスト!

 16. Morgan Geist / Double Night Time (レビュー
2008年のベスト・シンセポップ!

 17. Native / Just Four
日本人ジャズ・カルテットの4作目。グルーヴの線はやや細めだが、透き通るようなメロディと演奏が心地良い。2008年のベスト・和ジャズ!

 18. Nicolay & Kay / Time:Line (レビュー
The Foreign Exchange の新譜も出すなど、Nicolay にとっては充実の年。

 19. Osborne / Osborne (レビュー
2008年のベスト・ハウス!

 20. Theo Parrish / Sound Sculptures Volume 1 (レビュー
2008年のベスト・ディープハウス!

◆Compilation◆
 ・V.A. / On The Spot vol.2
Ricky Tick による北欧ジャズ・コンピ・シリーズの第2弾。今回は、60年代のデンマーク産ジャズからのセレクトで、選曲を担当したのは Povo の Andres-Peter Andreasen。外れなし。

 ・V.A. / Sleepwalk A Selection By Optimo
Optimo はぶっ飛んだミックスCDを作る人たちだけど、コンピを作ってもやっぱり凄かった。セレクトされたメンツを見ると、とんがっていそうな音を想像してしまうかもしれないが、タイトル通りのチルアウト・ミュージック。寝るときによく聞いた一枚。Fripp & Eno の再発盤にやられた人にもお勧め。2008年のベスト・コンピ!

Vol.3 に続く・・・
[PR]

by bigflag | 2009-01-06 22:26 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2008年の音楽ベスト Vol.3 2008年の音楽ベスト Vol.1 >>