Prefab Sprout 「Steve McQueen」 ('85)

プリファブ・スプラウトは、稀代のソングライターである Paddy McAloon (パディ・マクアルーン) を中心に結成されたロック/ポップ・バンド。本作は、プロデューサーに Thomas Dolby (トーマス・ドルビー) を迎えて制作された 2nd アルバム。

凝り性で気難しそうな Paddy McAloon の性格がそのまま出ている、デビュー作 「Swoon」 も好きなんだけど、Thomas Dolby にプロデュースされたポップな作品がやはり良い。Prefab Sprout の最高傑作といえば、一般的に 「Jordan : The Comeback」 とされることが多いようなのだが、僕が一番好きなのはこの作品。それはひとえに本作から強く香る "青さ" ゆえだ。とりわけ2曲目の "Bonny" 以降で聞けるエバーグリーンな楽曲の数々には、キュッと胸が締めつけられっぱなしになる。また、紅一点である Wendy Smith による透明感のあるコーラスの甘酸っぱさも、本作では際立っているように感じる。霧が立ち込める中、一台のバイクに集う、アルバム・ジャケットに写る若者たち (メンバー) の姿を見れば、この作品の持つ特別な "青さ" が自ずと分かるはずだ。

ネオアコの名盤として取り上げられることも多い作品なんだけど、彼らの音楽がそんな狭いフィールドに止まらないものであることは明白だろう。そもそも Prefab Sprout をネオアコという狭いフィールドで語ろうとすることに無理がある。Paddy McAloon という少し偏屈だが、普遍的なメロディ・センスを持ったソングライターによる、極めて個性的な楽曲は、ひとつのジャンルに寄りかかったような脆弱な音楽とは程遠いからだ。いつだって Prefab Sprout は、彼ら自身にしか作りえない美しいポップ・ミュージックをリスナーへ提供してくれるバンドなんだ。(試聴

   

[PR]

by bigflag | 2009-04-19 12:29 | ・Pop | Comments(4)  

Commented by nyankoronica at 2009-04-20 20:23
こんばんは。さすが!、とても素晴らしい解釈!!。
「Jordan : The Comeback」より聴いたのはずっと後だったのですが、僕もこちらの作品が一番素晴らしいと思います。

とりあえず「symbol」あたりから入ろうと思います!。試聴した限り、すごく良かったです。
Commented by bigflag at 2009-04-20 23:46
nyankoさん、こんばんは~。プリファブ・スプラウトは初めにベストアルバムを買ってしまったせいで、個々のアルバムを聞いたのはけっこう最近のことだったんです。で、ボチボチ集まったんで、まとめて書こう!って感じです。ただ、歌詞については、もうひとつ理解できないのが辛いところで、基礎的な教養の不足を痛切に感じてますね(笑)

おぉ、nyankoさんにもススム・ヨコタが届きましたか!!! それは良かったです。とりあえず、今年に入ってからはかなり好きなミュージシャンをピックアップしてるので、今回のプリファブ・スプラウトも何処かの誰かに届けば良いんですけど。聞いたら、感想教えてくださいね!!!
Commented by マチュ at 2009-04-22 07:35 x
ネオアコバンドとして名前位は聞いた事あったんですけど、
上のユーチューブの試聴したらエレポップみたいな印象も受けました。
トーマスドルビーが絡んでたなんて初耳ですね。
とっても良かったんで今度アルバム買ってみます
Commented by bigflag at 2009-04-24 00:54
どこかの誰か第一号は、マチュさんでしたか(笑)。エレポップとはちょっと違いますけど、80sらしいシンセはたしかに鳴ってますね。ぜひぜひ聞いてみて下さい。大推薦ですよ!!!

<< K-1 WORLD MAX 2... Susumu Yokota 「... >>