JAGATARA 「ごくつぶし」 ('89)

JAGATARA の 5th アルバム。本作リリースの一ヶ月後、1990年1月27日に江戸アケミが入浴中に事故死してしまったため、事実上、本作が彼らの最終作となった。メジャー・デビュー作となった 4th 「それから」 が8曲入りと、JAGATARA に変名以降では最も小品が並ぶ作品だったのに対し、本作は収録曲がわずか3曲。オープニングの "Super Star?" に至っては20分を越える長さで、大作志向の強い作品となっている。そして、「君と踊りあかそう日の出を見るまで」 に収録されていた、あの "Big Door" が遂にスタジオ録音されている。

収録曲の全てが、複数の曲を継ぎ接ぎに足されたような構成のため、せわしないというか分裂症的で、危なっかしい印象を受ける。ラテン・ミュージックを取り入れた "Super Star?" は新境地と言えるサウンドなんだけど、歌詞やメロディ含め、徐々にもの悲しく収束していくそのサウンドは、バンド活動の終わりを予見していたのかと思うほどだ。こうした不安定さを感じさせる楽曲を制作した時期に、"Big Door" を再演したのも必然のことなのかもしれない。本作の後、OTO を中心にして2枚の作品をリリースし、JAGATARA は正式に解散している。(試聴
[PR]

by bigflag | 2009-08-26 23:25 | ・Rock / Folk | Comments(0)  

<< Jackie Mittoo &... JAGATARA 「ニセ預言者... >>