Jackie Mittoo & The Soul Brothers 「Last Train To Skaville」 ('03)

ジャッキー・ミットゥは、ジャマイカはキングストン生まれの鍵盤奏者で、スカを代表するバンドのひとつである Skatalites (スカタライツ) に、なんと14歳のときに参加したという神童。1965年のスカタライツ解散後、同僚のサックス奏者 Roland Alphonso(ローランド・アルフォンソ) とともに結成したのが、今回紹介する The Soul Brothers。

The Soul Brothers としては、オリジナル・アルバムを2枚リリースしているそうなんだけど(未聴)、本作はそれらに収録されなかったシングルを中心にコンパイルしたもので、1965年から1967年にかけて Studio One にて録音された音源だそう。ジャッキーのロック・ステディ期以降のベスト盤 「The Keyboard King At Studio One」 を編んだ、Soul Jazz からのリリースということで、本作の選曲も間違いなし。

Jackie Mittoo といえば、やはりオルガンというイメージが強いミュージシャン。"Voodoo Moon"、"Ska Shuffle"、"Take Ten"、"Got My Boogaloo"、"Home Made" と、ジャッキーがオルガンを弾いている曲が5つ収録されているんだけど、それらの曲を聞くと、彼がオルガンを弾き始めたときに、ロックステディの芽が出始めたんだなあとシミジミ感じてしまう。ただ、The Soul Brothers は、Skatalites の延長線上にあるバンドのためか (Skatalites ではピアノしか弾いていなかったらしい)、オルガンの入った曲は少ない。

とはいえ、サウンドがロック・ステディへと完全に移行した、ソロ・デビュー以後の作品とは一味違う、ルーディな雰囲気がとても格好良い。"James Bond" や "From Russia With Love (ロシアより愛をこめて)" などは非常にジャマイカ人らしいというか、何でもジャマイカ色に染めてしまうのはさすが。しかし、Soul Jazz の作品はアルバム・ジャケットがどれも格好良いし、汽車の汽笛の音でアルバムの幕を開けるなんていう演出も粋!!! (試聴

   

[PR]

by bigflag | 2009-08-31 00:37 | ・Reggae / Dub | Comments(0)  

<< Jackie Mittoo 「... JAGATARA 「ごくつぶし... >>