2009年の音楽ベスト Vol.3

◆Song◆
第三弾は、アルバムとしては物足りなさがあったものの、曲単位で良かったものをピックアップ。

・DJ Mitsu The Beats / Promise In Love feat. Jose James (from "A Word To The Wise")
ホセ・ジェイムズの歌声が持つ色気を上手く引き出した、ソウルフルで感動的な楽曲。結婚する友人に紹介してあげたら、結婚式でちゃんと使ってくれました(笑)。2009年のベスト・ラブソング!

・Kid Cudi / Make Her Say feat. Kanye West & Common
        (from "Man On The Moon : The End Of Day")
カニエ・ウェスト主催のレーベルGood の新人MC。これだけ音数が少なくてソウルを感じさせるとは、蟹江さんのことかなり見直した。しかも、ネタ元が Lady Gaga というのだから驚き。YouTube で確認したら、”Poker Face” という曲のボーカルを使っているみたい。しかし、平凡なポップソングが名曲に再生されるとはなんて素晴らしい(笑)。なかなか粋な遊び心。Lou Rawls の名曲 “Early Morning Love” をサンプリングした “Hyyerr” の濃厚なソウルもツボ。
   

・The Pains Of Being Pure At Heart / A Teenager In Love
                          (from "The Pains Of Being Pure At Heart")
タイトル通り、赤面するほど青春してるギターポップ。2009年のベスト・胸キュンソング!

・Passion Pit / Little Secrets (from "Manners")
チャイルド・ボーカルものの素晴らしいエレクトロ・ポップ。子供の声を使った楽曲には魔法が宿る!!!

・Quantic And His Combo Barbaro / I Just Fell In Love Again (from "Tradition In Transition") 歌詞の内容は分からないんだけど、ラテン系のオッサンが突如、恋に再び目覚めてしてしまったようなコメディチックでファンキーなラブソング。こういうの大好きだなあ。YouTubeにはなかったので、こちらでどうぞ。

Vol.4 に続く・・・
[PR]

by bigflag | 2010-01-17 11:53 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2009年の音楽ベスト Vol.4 2009年の音楽ベスト Vol.2 >>