Such A Funky Thang! -久保田利伸を語る- Vol.2

久保田利伸にはデビュー前、田原俊彦などへ曲を提供していた時期がありました。そこでですね、久保田は "It's BAD"('85) という曲で、アイドルのトシちゃんにラップさせるという荒業をやってのけております(笑)。左下がトシちゃんバージョンで、右下が久保田によるセルフカバー・バージョンになりますが、同じ曲とは思えないほどノリが違います。この黒いノリを完璧に出すことができたのが、日本の音楽シーンにおける久保田利伸の革新性だったわけです。僕は世代的にリアルタイムではないので、久保田特集をやろうと思ってから、この映像を初めて見たんですけど、久保田利伸のパフォーマーとしての革新性がこれほど分り易く出ている映像は他にないと思います。

   

トシちゃんを実験台にして(笑)、自身の楽曲へにラップを取り入れた久保田利伸は、1986年のセカンド・シングル "TIMEシャワーに射たれて"(「The Baddest」 収録) という、"It's BAD" の後継といえる曲をリリースしています。これがまた、ゴスペルから始まって、ファンクへと急転し、すぐさまラップをかますという非常に挑戦的な曲。しかも、サビのメロディはシティ・ポップ調というデタラメな組み合わせ(笑)。パフォーマンス含め、表現衝動が止まらないという感じです。あまりファンクしてませんが、右下に貼った "You Were Mine"('88/「The Baddest」 収録) もダンサブルな名曲です。

   

[PR]

by bigflag | 2010-04-28 00:01 | ・久保田利伸を語る | Comments(2)  

Commented by mats3003 at 2010-04-28 11:46 x
本当に久保田は曲の当たりはずれが大きすぎですね。
TIMEシャワー、死ぬほど好きです。
この曲、80年代半ばなんて時代なのに、6分以上あるシングルってのが怖いです。
最後のサビ前のcheck it up,~のコーラスの部分なんて、今聞くとあの時代にこんなことやるのかってくらい変ですよね。
この曲まるごとカバーしてる人っていない気がするのですが、誰かいるのかしら。
この曲と同系統ではTAWAWAヒットパレードが大好きです。
Commented by bigflag at 2010-04-30 00:26
>matsさん
TIMEシャワー、死ぬほど好きですか(笑)。いやーホントに聞けば聞くほど面白い曲ですよねえ。"check it up" のコーラス以降なんか、普通にDJミックスで使われても良いんじゃないかと思ってますよッ。当たり外れが大きいのは・・・まあ、ご愛嬌ってことで勘弁して欲しいですね。特に今回の特集で久保田に興味を持ってくれたひとには(笑)

<< Such A Funky Th... Such A Funky Th... >>