Dynamite!! ~勇気のチカラ2010~

あけましておめでとうございます!! いつものように、格闘技の大晦日興行が新年一発目の更新です。視聴率も遂に10%を切ってしまったらしく、今年は開催できるんだろうかと、景気の悪いことを年明け早々に考えてしまったんですが、池上彰にはなんとか勝てたようでホッとしました(笑)

<アンディ・オロゴン vs 古木克明>
僕は野球をまったく見ないので、この古木という選手のことは何も知らなかったんですけど、身体能力は俳優さんとはやっぱり違いましたね(笑)

<所英男 vs 渡辺一久>
この試合は、ちゃんぽんルールではなく総合ルールだったので(笑)、所が勝って当然という試合だったんですが、予想外に健闘した渡辺のおかげで、かなり盛り上がりました。渡辺の身体能力の高さというか、パワーがあるんだろうなっていうのは、K-1の試合を見ていても、ある程度は分かっていたんですけど、ここまでとは思わなかったですね(笑)。総合ルールが、渡辺のパワーの限界値を引き出したというか、所が攻めて渡辺が逃げるという分かり易い構図で、非常に良かったと思います。

<ゲガール・ムサシ vs 京太郎>
京太郎は負けちゃいけない試合で負けちゃいましたね。2Rから距離を詰めて狙いに行ったのを見て、解説陣が危ない危ないと連呼していたら、その通りの結果に。やっぱり外国人選手の一発のパワーって、絶対にナメちゃダメですね。勝てた試合だっただけに、本当に残念。

<長島☆自演乙☆雄一郎 vs 青木真也>
青木のことだから、K-1ルールのラウンドはクリンチ地獄だろうと思っていたら、ドロップキック連発の掛け逃げ作戦(笑)。この訳の分からないルールで試合を組んだ主催者への抗議もあったんだろうけど、悪い意味で非常に幼稚な抗議でしたね。まあ、非常に青木らしいといえば、そうなんですが(笑)。で、バチが当たったと(by 須藤元気)。完全にギャグですよ(笑)。この試合は、大会のワーストになりかねないカード(ルール)でしたけど、結果的には一番盛り上がりましたね。魔裟斗と須藤元気のハシャギっぷりも最高でした(笑)

<アリスター・オーフレイム vs トッド・ダフィー>
DREAMのヘビー級暫定王座決定戦。トッド・ダフィーの知識がまるでないため、どの程度のランクの選手なのか全く分からないんだけど、アリスターは膝(首相撲)を自由に使えるルールだと、やっぱり強さが倍くらい違う気がしますね。首相撲が規制されている K-1ルールでは窮屈そうに戦う試合も多いですから。しかし、試合後のコメントを見たら、トッド・ダフィーのオファーは一週間前だったとか。アリスターを相手に、これは気の毒すぎる。

<石井慧 vs ジェロム・レ・バンナ>
所と渡辺の試合とは逆に、全く盛り上がらない試合でしたね。ってか、石井の試合で盛り上がってるの見たことないような気も。。。なんというか、完全にヒール扱いされてますからね(笑)。石井が技術的に不器用なのは吉田とのデビュー戦を見ても分かっていましたが、これは想像以上に時間がかかりそうですね。ただ、魅せることも仕事のひとつなので、プロ選手としては非常に使いにくいだろうなあ。金メダリストだから、ギャラも高いだろうし(笑)

<高谷裕之 vs ビビアーノ・フェルナンデス>
一年ちょい前のフェザー級GP決勝では、両者ともスタミナ切れを起こした経験からか、互いに非常に慎重でしたね。相手を研究しているという点では、ビビアーノに歩があり、実際のところ、どちらかにポイントを付けるなら、1・2Rはビビアーノで、3Rは高谷という試合だったと思いますが、まあ、ここは日本ですから(笑)

この大会、実はボブ・サップの試合も組まれていたそうなんですけど、試合直前にボイコットしたんだとか。俺は試合をしたくない、と(笑)。最近のサップなら、それでも笑って済んじゃいそうですけど。えっ?だって、そりゃ組んだ方が悪いだろう、ってなもんですよ(笑)
[PR]

by bigflag | 2011-01-03 02:40 | ・格闘技 - 総合 | Comments(2)  

Commented by マチュ at 2011-01-03 08:39 x
あけましておめでとうございます
格闘技ブームの終焉と共にメディアでもあまり扱われなくなって来ているので、最近はもっぱらこのブログの解説で楽しませて頂いております。

自演乙が勝っちゃったのはびっくりしたけれど、青木の1Rの行動はちょっと酷かったですね~。プロと言う立場で金貰ってるんだから、あんな時間稼ぎは見苦しい。完全ヒール一直線ですね

今年も格闘技以外に音楽の記事も楽しみにしております。
今年もどうぞ宜しくお願いします
Commented by bigflag at 2011-01-05 00:22
マチュさん、あけましておめでとうございます!

青木はなんというか、裏MVPもんでしたね、話題作りという点では。後世に語り継がれるほど恥をさらしましたが(笑)

格闘技のブーム終焉についてなんですけど、潮が引いていくように、自分の好きなものが人気を失っていくというのは初めての経験なので、かなり寂しいものがあります。音楽やらサッカーに比べると、やる側の層が非常に薄いだけに、人気選手がひとり、またひとりと欠けていったとき(旧PRIDEの人気外国人選手の日本離脱など)のダメージが大きいんでしょうね。

昨年はかなり後半失速してしまいましたが、今年も音楽の記事は書いていくつもりですので、来年もよろしくお願いします!!

<< 2010年の音楽ベスト Vol.1 K-1 WORLD GP 20... >>