2010年の音楽ベスト Vol.2

第二弾は、ベストには及ばなかった次点の作品10枚(順不同/アルファベット順)を紹介。

◆次点◆

 11. Antony & The Johnsons / Swanlights
トランスジェンダーのSSW、Antony Hegarty 率いる The Johnsons の 4th。前作は傑作ながらも重すぎる内容に、あまり聞くことはなかったんだけど、本作では、室内楽的なサウンドがアントニーの声を柔らかく包んでおり、非常に穏やかな空気が作中に流れている。サウンドの彩りもシンプルで美しい。

 12. Black Milk / Album Of The Year
デトロイトのヒップホップMC/プロデューサーの 3rd。相変わらずのドラム職人っぷりに悶絶。ドラムがハネてハネてハネまくるぅ!! タイトル通りに、アルバム・オブ・ザ・イヤーとはならなかったが、2010年のベスト・ブレイクビーツは本作。

 13. Gold Panda / Lucky Shiner
ロンドン出身のエレクトロニカ系プロデューサーのデビュー作。ミックスは、SMD の James Shaw が担当。Mouse On Mars や Scott Herren の諸作を想起させるサウンドは、90年代以降のクラブ・ミュージックの流れを汲むもので、エスニックなメロディ含め、心地良い郷愁を感じる。あと、育ちが良さそうだなと(笑)

 14. Guido / Anedia
ブリストル出身のダブステッパーによるデビュー作。流麗でスペイシーなシンセ使いによって、「アバター」 のような青いSF世界を描いているかのよう。"Beautiful Complication" のような UKガラージに回帰した曲も見られ、Gold Pand にしてもそうだが、90年代回帰が少しずつ始まっているのかも。

 15. Janelle Monae / The Archandroid
Big Boi に見出されたカンザス出身のR&Bシンガーのデビュー作。ソウル、ファンク、ヒップホップ、ロック、アフロビートなど様々な音楽を、"2719年を舞台にした人間とアンドロイドの恋" というテーマ(笑)を元に強引にまとめあげた。彼女にしか制作不能の、シアトリカルで躍動的なサウンドになっているのがグッド。

 16. J. Cole / Friday Night Lights
Jay-Z のレーベル Roc Nation と第一号契約を交わしたノースキャロライナ出身の MC によるミックステープ。Erykah Badu のクラシック "Didn't Cha Know" から、Kanye West の最新作に収録の "Devil In A New Dress" まで様々なトラックを引用して、非常にソウルフルな仕上がり。オフィシャルからフリーDLできます。

 17. Jose James / Black Magic
ミネアポリス出身のジャズ・シンガーによる 2nd アルバム。ストレートなジャズだった前作とは違い、本作は Flying Lotus / Moodymann / Mitsu The Beats など、クラブ系ミュージシャンにプロデュースを依頼したエレクトロニックなサウンドへと変化 (Benga のカバーも!!)。ただ、メロディが地味渋いため、スルメ系。

 18. Kanye West / My Beautiful Dark Twisted Fantasy
シカゴ出身のヒップホップMC/プロデューサーによる 5th。私生活における諸々のトラブル(笑)に対して、色々思うことがあったんだろうという、壮絶に過剰なサウンドはもはやプログレの世界。とはいえ、"21世紀の精神異常者" を使った "Power" は良い出来とは言えないが、これをやる必要があったのかも。

 19. The Morning Benders / Big Echo
カリフォルニアの4人組ロックバンドによる 2nd。プロデュースは、Grizzly Bear の Chris Taylor が担当。いわゆるサーフ・ポップと言われるサウンドで、やけのはら、Toro Y Moi の作品と並んで、クソ暑かった夏に大変お世話になった一枚。前半4曲のようなウェルメイドなポップ・ソングを通して聞きたかった気も。

 20. Scuba / Triangulation
ロンドン出身のダブステッパーの 2nd。ベルリンに移住し、ミニマル・ダブの影響が色濃くなったサウンドは、仄暗い地下トンネルでメランコリーを反響させている。また、本作には Aphex Twin のアンビエント・ワークスを想起させるメロディもあり、この作品も90年代回帰の傾向を感じさせる。


Vol.3 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2011-01-09 00:36 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2010年の音楽ベスト Vol.3 2010年の音楽ベスト Vol.1 >>