「ほっ」と。キャンペーン

2011年の音楽ベスト Vol.3

◆Song◆
第三弾は、曲単位で良かったものをピックアップ。

・きゃりーぱみゅぱみゅ / PONPONPON (from "もしもし原宿")
この娘って(多分)外国人が理想とする"Kawaii"を体現したようなビジュアルですよね。日本人でしかありえないビジュアルというか。んでもって、曲もPVもこの娘のビジュアル・イメージに対してパーフェクト。ただ、今後、この曲以上に本人とのシンクロ率の高いものが、中田ヤスタカ(や他)から出てくるとは思えないのが、歌手としては不幸かなと。とはいえ、歌手としてよりも写真の被写体として非常に素晴らしいと個人的に思ってます。


・KREVA / 微炭酸シンドローム feat. 阿部真央 (from "GO")
30代も半ばになって、微炭酸シンドロームなんて言葉よく思いつくよなあ。仮に自分が思いついたとしたら、チョー赤面しちゃうね(笑)。"気持ち微炭酸"って臆面もなくラップできるKREVAの性格が羨ましいぜ。阿部真央の甘くて切ない歌声も色気たっぷりで素晴らしいです。

・サカナクション / バッハの旋律を夜に聴いたせいです。(from "DocumentaLy")
以前にもちょっと書きましたけど、こういうケレン味こそロックの醍醐味ですよね(笑)。ただ、アルバムは相変わらずパッとしない出来だったのが残念かなと。


・salyu x salyu / 続きを (from "s(o)un(d)beams")
2011年に最も聞いた曲のひとつ。アルバムも力作だった。


・東京女子流 / キラリ☆ (from "鼓動の秘密")
・東京女子流 / Love Like Candy Floss -TGS ver.- (from "鼓動の秘密")
こっそりライブを見に行きました(笑)。もうね、心境は姪っ子を見守る気持ちですよ。ところで、このグループの音楽性の特徴のひとつに、ブラック・ミュージックを取り入れていることがあるんだけど、アイドルヲタへの受けはどうなんでしょう。自分みたいな音楽マニアには受けが良いと思いますが。ライブで見た観客層の比率は、アイドルヲタ70%、同年代ファン25%、音楽マニア5%だったので(笑)

   

・Dorian / Summer Rich feat. 一十三十一 (from "Studio Vacation")
リリース年代不明のリゾート・ポップスはもはや職人芸の域。一十三十一さんのお声、スキです。


・やくしまるえつこメトロオーケストラ / ノルニル (from "ノルニル・少年よ我に帰れ")
・やくしまるえつこメトロオーケストラ / 少年よ我に帰れ (from "ノルニル・少年よ我に帰れ")
アニメ「輪るピングドラム」の主題歌。理不尽な運命に翻弄され追い詰められる登場人物たちとのシンクロ率100%の切迫感。ピンドラの主題歌としては満点の出来じゃないでしょうか。

   

Vol.4 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2012-01-17 01:19 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2011年の音楽ベスト Vol.4 2011年の音楽ベスト Vol.2 >>