2012年の音楽ベスト Vol.4

知ってるひとなら今更かと思うんですけど、昨今は "Grooveshark" というサイトで試聴することが多いです。無料のストリーミング配信サイトなんですが、ストリーミングにぜんぜん時間を食わないんで、試聴ってレベルじゃない使い方をできるのが最大の魅力。使ったことがないひとは、ぜひ利用してみて下さい!!

では本題に戻りまして、第4弾は、曲単位で良かったものをピックアップ。

◆Song◆
・AKB48 / Give Me Five! (from "1830m")
引き算の美学って言葉がありますけど、過剰であることが、AKBの魅力であることは疑いないと思います。んでこの曲も、これでもかってくらい足し算につぐ足し算で、ある意味騒音レベル(笑)。しかし、それが力強さや楽しさにきちんと消化されており、グループの代表曲レベルの仕上がり。ちなみに現在の僕の推しメンは、松井珠理奈さんです!!


・Avec Avec / Marmalade Boogie (from "おしえて")
大阪のトラックメイカー Takuma Hosokawa によるソロ・プロジェクト。カットアップしたオートチューン・ボーカルとブギーなエレクトロ・ファンクとの相性の良さったら、この上なしという素晴らしい出来。これだけの名曲をフリーDLとは太っ腹!!


・tengal6 / プチャヘンザ! (from "City")
6人組アイドルグループ(2012年8月、lyrical school に改名)。いま最もノっている tofubeats のプロデュース作だけあって、非常に素晴らしいクオリティ。J-POP・ミーツ・ヒップホップのファイナル・アンサーを出したんじゃないでしょうか?!


・tofubeats / 水星 feat.オノマトペ大臣 (from "Suisei")
神戸出身のプロデューサーによる2012年を代表する一曲。ヒップホップからアイドルの楽曲まで、あっさり横断してみせる桁外れのセンスとメロウなシンセ使いに虜になったリスナー多数。2012年のベスト・プロデューサーでしょう!!


・パスピエ / 最終電車 (from "Onomimono")
日本の5人組ロックバンド。疾走感のある胸キュンポップ。こういう青春ど真ん中な感じで名曲と言われるような曲って、やっぱり映像を喚起する力がすごい。これもそんな曲のひとつだと思います。眩しいっ!!


・前田敦子 / 君は僕だ (from "君は僕だ")
元AKB48、前田敦子の2ndシングル。これがネオアコ/ギターポップ好きにはたまらないサウンドに仕上がっている。んでそれがまた、繊細そうなあっちゃんに見事にフィットしてます。


・LAMA / Parallel Sign (from "Modanica")
・LAMA / Seven Swell -based on ‘Niji’- (from "Parallel Sign")
前者はアルバム 「Modanica」 のリード・シングルで、前者はリード・シングルのカップリング曲。"Parallel Sign" は、スーパーカーの 「Highvision」 期を思わせるアッパー・チューン。しかし、ここにきて "Yumegiwa Last Boy" クラスの名曲再びとは想像してなかった。で、後者はさらに驚きの電気グルーヴの名曲 "Niji" をサンプリングした楽曲。ナカコーらしい繊細な手触りの楽曲に再構築されており、これは胸アツすぎる~。

   

・LinQ / きもち (from "Love in Qushu ~LinQ 第一楽章~")
九州の大所帯アイドルグループ。90年代のヒップホップ・ソウルを、ロボ声使いなどを駆使して見事にアップデート。素晴らしいメロウ・チューンで、ヒップホップ・ソウル好きにはドツボですよ!!


・Diplo feat. Lazerdisk Party Sex / Set It Off (from "Express Yourself")
こういうバウンシーな曲って基本苦手なんですけど、なんでか Diplo の曲には惹かれるものがある。それは、このPVを見てもらえれば何となーく分かってもらえるんじゃないかと。スノビズムとバカを並列させているという点では、やはり突き抜けた存在のひとり。


・Jake Bugg / Two Fingers (From "Jake Bugg")
イギリスのシンガー・ソングライター。ノエル・ギャラガーのお気に入りだけあって、めちゃくちゃUK臭い声(笑)。ホント声が武器って歌い手だと思います。この曲は繰り返し聞いたなあ。好きです。



Vol.5 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2013-01-27 20:45 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2012年の音楽ベスト Vol.5 2012年の音楽ベスト Vol.3 >>