「ほっ」と。キャンペーン

2012年の音楽ベスト Vol.7

最近、フジテレビONEで放送されている 「K-1 World GP プレイバック」 を見ているんですけど、1997年~2002年くらいのK-1って、やっぱハンパねえですな。ピーター・アーツとアーネスト・ホーストという2人のオランダ人レジェンドの全盛期であり、そこにアンディ・フグの死、極真空手の幻想を背負ったフランシスコ・フィリオの参戦、GP初参戦で初優勝をかっさらったマーク・ハント、野獣(笑)ボブ・サップ、総合格闘技に輸出されて変貌したミルコ・クロコップ、と様々なことが折り重なってましたよねえ。

なんてシミジミした気分で、印象的だったライブを羅列して終わりたいと想います。最後まで見て頂いた方、ありがとうございますっ!!(あと、マンガも書きます~)

◆Live◆
・01/17 Fleet Foxes @BIG CAT
・01/20 Beirut @Shangri-La
・05/10 Mark McGuire @CONPASS
・05/17 BOREDOMS @なんばHatch
・06/28 THA BLUE HERB @梅田クラブクアトロ
・07/02 土岐麻子 @ビルボードライブ大阪
・07/16 奇妙礼太郎トラベルスイング楽団 @Shangri-La
・08/08 川本真琴 @梅田クラブクアトロ
・08/15 Tomato n'Pine @HMVアイドル学園 umeda AKASO
・09/15 サイプレス上野とロベルト吉野 @梅田クラブクアトロ
・09/20 Zazen Boys @梅田クラブクアトロ
・09/28 EVISBEATS @SEASON OFF vol.15 旧グッゲンハイム邸
・10/10 Penguin Cafe @梅田クラブクアトロ
・10/11 Dirty Projectors @梅田クラブクアトロ
・11/21 Seun Kuti & Egypt 80 @梅田クラブクアトロ
・12/11 Spiritualized @梅田クラブクアトロ

ライブのクオリティという点では、Beirut が本当に素晴らしかったですね。オープニングで "Zombie" をかましてくれた Seun Kuti のパフォーマンスも期待通り。雰囲気が良かったのは奇妙さんとEVISBEATSで、これは音源に違わぬという感じ。Mark McGuire もソロ・パフォーマンスながら、想像よりもダイナミックな演奏でライブに没入。東京女子流のチケットが取れなかったのが悔やまれるけど、トマパイを散開前に生で見れたのはホント良かった。しかし、後半はクアトロばっかだなあと思いつつ、そのクアトロで聞いた、ザゼン向井の 「本業の株が大変なことになっております」 というMCには思わず吹いた(笑)。今は良い意味で大変なことになってると思うけど♪

Vol.1 に戻る・・・
[PR]

by bigflag | 2013-02-17 17:24 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2012年の漫画ベスト10 2012年の音楽ベスト Vol.6 >>