2013年の音楽ベスト Vol.4

第4弾は、曲単位で良かったものをピックアップ。

◆Song◆

・AKB48 / 恋するフォーチュンクッキー (from "恋するフォーチュンクッキー")
J-Popの高速化が話題になってましたけど、そんなものに何の興味も持てない人間にとっては、ミドルテンポのこのディスコ歌謡のヒットは嬉しい事象。まあ、高速化する流れがあれば、それに対するカウンターも出てくるのは当然のことなんで、それをトップ・アイドルがやって、大ヒットさせてくれるってんなら大歓迎。そんで、それが意識的かどうかは別に関係なかったりする。さらに、松井珠理奈さんが、伸ばしてる髪を切ってくれりゃ言うことなしです(笑)



・Daft Punk / Get Lucky feat. Pharrell Williams (from "Random Access Memories")
・Daft Punk / Lose Yourself to Dance feat. Pharrell Williams
ダフトパンクのファレルをフィーチャーした2曲。ファレルさんはチャラいのがホントさまになるというか、華があるって素晴らしい(笑)。両曲で聞ける Nile Rogers のギター・カッティングは神ッ!!

   


・dancinthruthenights / ダンシンスルーザナイト (from "ダブルトラブル ~4人は仲良し~")
・dancinthruthenights / マジ勉NOW! feat. 新井ひとみ (from "Maltine Girls Wave")
tofubeats と okadada、2人のデュオによるポップ・ファンク。気前の悪いのが嫌いって何かのインタビューで言ってたけど、これもフリーDL!! もうひとつは東京女子流の ひーちゃん こと 新井ひとみ をフィーチャーした曲。東京女子流は 「約束」 がもうひとつで、少し迷走の予感漂うのが心配なんだけど、素材の良さを引き出した、この曲にヒントがあるはず。



・Especia / 海辺のサティ (from "ミッドナイトConfusion")
「AMAGRA」 のあとにリリースされたシングル。80sを反復するって言うには尖り過ぎ(笑)。ここに貼ったのはアナログ収録用にリミックスされてるんで、さらに先に行っちゃってますけど、オリジナルから大きく外れてるわけじゃないので、ピンと来た方はライブDVD付きの初回盤を!!



・lyrical school / そりゃ夏だ!
・lyrical school / ひとりぼっちのラビリンス (from "date course")
両曲とも tofubeats プロデュース曲。かわいい女の子に 「ドラムス・ぷりーず」 の一声入れさせるって発明ですね(笑)。ワクワク感がハンパない。メロはアイズレーで、ビートはジャングルと余裕ですね。"ひとりぼっち~" はちょっと寂しさを漂わせる楽曲が切ない。

   


・Pharrell Williams / Happy (from "Happy")
絶好調・ファレルさんのシングル。完全に躁状態に入ってますね(笑)



・Shiggy Jr. / サンキュー (from "Shiggy Jr. is not a child.")
トーフビーツの推薦が話題になった、5人組ポップ・バンドのデビューEPから。いやー、PV含めて大学生感がハンパない(笑)。眩いほどポップ。



・tofubeats / Don't Stop The Music feat. 森高千里 (from "Don't Stop The Music")
・tofubeats / No.1 feat. G.Rina (from "lost decade")
メジャー移籍後の初シングルは、まさかの森高千里がゲスト・ボーカル。"教えて検索" のフックがの子というゲストなら、こちらは間奏にアシッドハウスを挿入。リリスクの曲もそうだったけど、ポップであることにとても挑戦的で、ほんと心揺さぶられます。G.Rina をフィーチャーした曲は、最高のソウル・ミュージック。

   


・ゲスの極み乙女。/ キラーボール (from "踊れないなら、ゲスになってしまえよ")
4人組ポップ・バンドの2nd ミニアルバムからのシングル。"スレッドダンス" の方が好きなんだけど、なかったのでこちらを紹介。しかし、最近はこういうポップな楽曲をやるバンドが増えてきましたよねー。こういう流れを追ってます。



・サカナクション / ミュージック (from "Sakanaction")
山口さん、isolee 好きなんだろうなー。"Inori" から "ミュージック" の流れに心躍る。



・(((さらうんど))) / きみはNew Age (from "New Age")
まりん参加曲がズバ抜けて良い。この静かに発狂してる感じが好き。



・パスピエ / On The Air (from "演出家出演")
"最終電車" と同じ、疾走感のある胸キュンポップ。この路線好きです。でも、この路線だけかなーという気も。



・ミツメ / うつろ
2013年のリピート大賞はこの曲。たゆたうようなグルーヴ感にグイッと引き込まれる。なんとも言えない平熱感が気に入ってます。



・やけのはら / City Lights (from "Sunny New Life")
一十三十一のアルバムにも参加してた、Luvraw のトークボックスが最高。このひとのトークボックス使いはすげえキャッチーだから、メジャーな場所にも呼ばれてもおかしくないと思うんだけど。




Vol.5 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2014-01-29 00:39 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2013年の音楽ベスト Vol.5 2013年の音楽ベスト Vol.3 >>