2014年の漫画ベスト10

2014年の漫画ベストです。これ更新してなかった2014年のベストになります(いまごろw)。順不同で、作者の名前順になっております。巻数は2014年12月末時点にしてます。2015年のベストも更新予定。

1. いがらしみきお 「羊の木」 (講談社 / イブニング / 全5巻)

祝完結! 原作は山上たつひこ。刑期を終えた元受刑者を地方都市へ移住させる政府の極秘更正事業の舞台となった魚深市を舞台とする物語。元受刑者たちの存在が日常を徐々に歪めて行く描写が狂気的であり喜劇的でもあり。

2. いくえみ綾 「G線上のあなたと私」 (集英社 / マーガレット / 1巻)

寿退職の当日に婚約破棄され、フラフラと立ち寄ったCDショップで聞いたG線上のアリア。この曲を弾いてみたいと通い始めたバイオリン教室。そこで出会った初心者3名と講師を巡る群像劇。地味な物語だが、相変わらずの安定感。


3. 石塚真一 「BLUE GIANT」 (小学館 / ビッグコミック / 4巻)

世界一のサックス奏者になる。この愚直で真っ直ぐな思いに突き動かされた、高校3年生の宮本大の日常の積み重ねを描く。物語は故郷の仙台からいよいよ上京へ。いま一番熱い音楽マンガ。

4. 押見修造 「惡の華」 (講談社 / 別冊少年マガジン / 全11巻)

祝完結! 春日くんの思春期の病もついに決着。仲村さんは思春期云々ではなくて、本当に病気だったような気もしましたが。。。

5. オノナツメ 「ACCA13区監察課」 (スクウェア・エニックス / ビッグガンガン / 2巻)

13区に分かれた世界を統治する巨大組織ACCA。組織の監察課の副課長であるジーン・オータスは、組織内の権力闘争に巻き込まれていく。

6. 志村貴子 「娘の家出」 (集英社 / ジャンプ改 / 1巻)

再婚した母。離婚して以来、「彼氏」と暮らす父。そんな家族に囲まれて生活する、女子高生のまゆこを取り巻く群像劇。こういう思春期の群像劇を描かせたらナンバーワンの作家。絵はいつ見ても毛先まで麗しい。

7. 鳥飼茜 「先生の白い嘘」 (講談社 / 月刊モーニング / 2巻)

24歳の高校教師、原美鈴が主人公。こじらせた女と男が描かれる。友人である美奈子から結婚報告を受けるが、その相手・早藤は美鈴のセフレでもある。男のこじらせ方にリアリティはないが、これほど戦慄させらる登場人物はそういない。過去作 「おはようおかえり」 もオススメ。

8. 都留泰作 「ムシヌユン」 (小学館 / スペリオール / 1巻)

ムシヌユとは虫の世の意味で、ンに意味はないそう。虫博士を夢見る上原秋人は、大学院入試に挑戦するも失敗続きで既に27歳。昆虫研究に没頭しすぎて社会性は皆無。与那瀬島へ帰郷後、謎の昆虫を採取しようと指を出したところを噛みつかれ、体内に寄生されると、チンコが異形化。今のとこ謎しかない。表紙もヤバいw

9. 東村アキコ 「東京タラレバ娘」 (講談社 / Kiss / 1巻)

男にタラレバばかり言ってたら アラサーになってしまった女子たちの物語。自身の周囲のひとをモデルにしていると思うんだけど、相変わらず身内ネタを描かせたら、ネタに消化する腕っぷしはすごいなと。このひとは、ネタにしているだけで、啓蒙したいわけじゃない。

10. 山下ユタカ 「ラチェット・シティ」 (エンターブレイン / ビーム / 全2巻)

「ガガガガ 暴虐外道無法地帯」 の山下ユタカによる、伝説のバイク・ヤマハXJ(ペケジェー)を巡るバイオレンスアクション。
[PR]

by bigflag | 2015-12-31 17:06 | ・マンガ | Comments(0)  

<< 2015年の音楽ベスト Vol.1 2014年の音楽ベスト Vol.5 >>