「ほっ」と。キャンペーン

2015年の音楽ベスト Vol.2

続いて、次点のアルバム10枚(順不同/アルファベット順)をご紹介。ベスト10に入れていた Lauren Desberg を Chrisitian Scott と入れ替えました。なんとなくの気分ですね。笑

◆Best 20◆
11. Kamasi Washington / The Epic
LA出身のサックス奏者による、総勢70人で紡いだ3時間にもおよぶスピリチュアル・ジャズ。カマシ・ワシントンの前向きで強靭な人生観と祈りが込められた楽曲群の豊穣さに、心を撃ち抜かれる超大作。

12. Lauren Desberg / Twenty First Century Problems
LA出身のジャズ・シンガー、ローレン・デスバーグによるデビュー作。愛らしい歌声を引き立てるロマンティックなアレンジながら、リズムが立っているため、聞いていて飽きが来ない。10曲中7曲がカバー。(Name Your Price

13. Lyrical School / Spot
6人組ラップ・アイドルによる2nd。ハードコア路線、アイドル路線、日常系と3部構成になっているため、やや統一感には欠けるんだけど、"わらって.net" のアコースティック・バージョンが最高すぎるので、本作も文句なしでランクイン。

14. Knxwledge / Hud Dream
LAを拠点に活動するプロデューサー、ノレッジによる真っ黒いビート集。Stones Throw からのリリースで、同レーベルから出ている Madlib の Beat Konducta シリーズを彷彿させる。

15. Mac DeMarco / Another One
カナダの脱力系SSW、Mac DeMarco の3rd。日常系のサイケデリック・フォーク。サイケだけど日常系。前作 「Salad Days」 でヤラれて以来、常に携帯してるステキな野郎。多分、一生好きだな。

16. Mark Ronson / Uptown Special
イギリスのプロデューサーによる4th。80sファンクそのまんまに、キレッキレにアップデート。Feel Alright~Uptown Funk~I Can't Lose の流れは怒涛。このノリで最後まで突っ切って欲しかったけれど、さすがにそれは無理かw

17. Robert Glasper / Coverd
ピアノ・トリオによるスタジオ・ライブ作。セルフカバーに加え、Kendrick Lamar、Musiq Soulchild、John Legend、Bilal などR&Bを中心に、Radiohead や Joni Mitchell など様々な作品をカバーしているが、いずれもピアノの美しい音色が映える。

18. 泉まくら / 愛ならば知っている
福岡出身の女性ラッパーによる3rd。青さの残る日常を淡々と表現できる希少なリリシスト。プロデューサーをメインの nagaco ほか、Mitsu the Beats、Olive Oil、LIBRO、食品まつりと多数起用しているが、どれも自分のものにしている。

19. シャムキャッツ / Take Care
日本の4人組ロックバンドによるEP。傑作 「After Hours」 と地続きの感触で、日常の中にある美しさ、懐かしい情景を鮮やかに切り取っている。次作は George Baker の"Little Green Bag" みたいなノリを作りたいんだそうで楽しみ。

20. 星野みちる / You Love Me
元AKB48の星野みちるの3rd。ナイアガラ以降のポップスやアイドル歌謡へのオマージュなサウンドは相変わらずだが、よりバラエティ豊かに。doopees をメドレーにてカバーしたラスト・ソングで美しく締める。


Vol.3 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2016-01-04 02:07 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2015年の音楽ベスト Vol.3 2015年の音楽ベスト Vol.1 >>