K-1 WORLD MAX 2006 ~開幕戦~

どうも以前にはあった熱が少しばかり冷めてきている印象。やっぱり様々な面で膠着化が進んでいることが原因か。試合内容はもちろん、出場する選手、勝利する選手。そして、主催者にプロテクト化される特定の選手。

今回だと、あのブアカーオでさえ、主催者は守らなければならなかった。この事実はMAXの膠着化を表す象徴的な試合だったと思う。ブアカーオのコンディションの悪さが目についたとはいえ、ヴァージル・カラコダというMAXには馴染みの薄い選手に苦戦した。元者であるアルバート・クラウスもまたしかり。選手間の実力の均衡化は、常連の選手だけでなく、非常連の選手にまで及んでいる、ということ。これはスター選手を作りたい、あるいは守りたい主催者としては頭の痛い状況と言える。だからといって、今回のブアカーオのようにあからさまなプロテクトを今後も発動し続けるとなると、ファン離れを起こしかねない。MAXが難しい局面を迎えたことを告げる興行だったと思う。

<アンディ・サワー vs ツグト・アマラ>
手数において、アマラがサワーを大きく上回っていたために、サワーへの印象は良くなかったかもしれないが、ちゃんと見ると、アマラのパンチは手数こそ多いものの、クリーン・ヒットはほぼ皆無。逆に、サワーはコンパクトで早いパンチのコンビネーションを駆使して、的確に打撃をヒットさせていた。個人的に延長は必要なかったと思うが、その延長戦では打ち疲れとダメージが効いてきたからか、アマラの動きが止まる。サワーはそこを見逃さず延長ではキッチリと差を見せた。まあ欲を言えば、現王者なので、3R以内でこの差を見せて欲しかったかな。

<佐藤嘉洋 vs マイク・ザンビディス>
1Rで左フックをキレイに貰ったのを見て、このままKOされるだろうなーと思っていたら、そこから徐々に盛り返して、最終的にはザンビディスを圧倒した佐藤のタフさに驚く。デカい奴が能面で休むことなくローと膝を打ってくる不気味さ。ただ、ザンビディスはKOされる気はしなかったと思う。ペースメーカーのように一定のリズムしか持っていない佐藤の攻撃は、相手に痛いと思わせることは出来ても、怖いとまでは思わせられないように見える。あと、横からの打撃へのガードの甘さも目立った。これは階級内で群を抜いて身長が高いがゆえに生まれる弱点。が、打たれ弱くはないので、試合に勝てる選手であるのは間違いない。MAXのルールにも、かなり慣れてきている。優勝候補に挙げても良いでしょう。

<小比類巻貴之 vs イム・チビン>
相変わらず気持ちと動きに固さが取れないコヒ。徐々にパンチも良くなってきてはいるが、ローと膝は強力だが、手の合う相手だけにしか効かせられないのが、コヒに付き纏う難点。イム・チビンは日本人トーナメントに混ぜたら面白いというレベルの選手。

<魔裟斗 vs レミギウス・モリカビュチス>
1Rの1分過ぎたあたりで、魔裟斗はレミーガの動きを見切ったと思う。ラッシュ終わりなんかに自分の正面で止まったレミーガに対して、魔裟斗は放ったコンビネーションの中でほぼ一つは打撃を当てることが出来ていた。特にレミーガは魔裟斗のストレートが全く見えていなかった。ラッシュ・スピードに光るものは多いに感じるが、レミーガの選手としての完成度はかなり低い。
ともと階級が1つ下の選手だし、まずは肉体改造から。魔裟斗の完勝。
[PR]

by bigflag | 2006-04-06 20:54 | ・格闘技 - 打撃系 | Comments(0)  

<< HELDON 「Un Rêve... ブログのタイトル変えました >>