Tobias Thomas 「Please Please Please」 ('07)

Tobias Thomas (トビアス・トーマス) のミックスCD。リリースは Kompakt。以前にも同レーベルからミックスCDはリリースしているらしく、レーベル御用達の DJ のよう。Kompakt 作品のみを扱った Kaito の 「Contact To The Spirits」 とは違って、選曲にレーベルの制限はなし。

上モノがメランコリックな曲が多く、静謐な雰囲気が漂う。グルーヴィーなベースラインやダビーな音響は Kompakt 作品と相通ずるものがある。また、選ばれた曲を聞いて思い浮かぶのは、薄いグレーのフィルターを通した景色で、それはジャケット通りの世界観で統一されている。最初から最後まで、約80分の尺をたっぷりと使って、ジワジワと展開していくミックス。同じ場所を円環状に回り続けているような錯覚があり、またそれがスゴく気持ち良い。

しかし、ラスト3曲はリスナーをきっちり昇天させてくれる。軽くアシッドの入ったシュールな雰囲気の M13 に始まり、ドリーミーなエレポップの M14 を挟み、生ギターの入ったスウィートなボーカル・ハウスに繋ぐまでの約20分間は至福の時。特にラスト、Stella の 「Dreams(Thomas/Geiger Mix)」 はディスコっぽいベースが好みで、こういう曲を締めに使われるとたまらないな。Ricardo Villalobos くらいしか知らなかったけど、これまた買って良かったと思える作品だった。(試聴
[PR]

by bigflag | 2007-11-29 23:19 | ・Mix CD | Comments(0)  

<< Ricardo Villalo... U-22 日本 vs サウジア... >>