2007年の音楽ベスト Vol.2

まだ、けっこう長いですけど(笑)、お付き合い下さい。

◆Mix CD◆
・Diplo & Tripledouble / Aeiou Two (レビュー

・DJ Yogurt / Ambient For Hard Workin' People (レビュー

・Fred Deakin / The Triptych (レビュー

・Henrik Schwarz / Live
オリジナル曲、手掛けたリミックス曲やリエデット曲を織り交ぜたライブ盤。生音、打ち込みに関わらず、オーガニックな質感は非常にソウルフル。ジャジーな鍵盤使いを堪能できる。

・Jazzcats All Stars / Jazzcats Mix 4.10 (レビュー

・Josh Wink / Acid Classics
雑誌 mixmag の付録CD。びびんばさんによると、80年代アシッドと90年代アシッドの世代的断絶を埋めた傑作だそう。全編に渡ってビキビキ鳴ってます。

・Kaito / Contact To The Spirits (レビュー

・Moodman / Motivation 6 -Adult Oriented Click- (レビュー

・Prins Thomas / Cosmo Galactic Prism (レビュー

・Ricardo Villalobos / Fabric 36 (レビュー

・Sebo K / Back Up Vol.1 (レビュー

・Simian Mobile Disco / Suck My Deck (レビュー

◆Compilation◆
・The Black Dog / Book Of Dogma
BDP 時代のシングル3枚と95年のアルバム 「Parallel」 を組み合わせた初期音源集。下で挙げている As One もそうだけど、この時代のテクノは音がピュアで本当に良い。テクノという言葉が最もフィットする音。

・DJ Shadow / Best Of Mo'Wax 12"s - DJ Shadow Collection
モワックス時代の12インチ集。これはもっと早くに出してほしかった。

・V.A. / Kind Of Jazz -Jazz Rock- (レビュー

・V.A. / 2nd Collection : Hydeout Productions (レビュー

◆Reissue◆
・白木秀雄 / Plays Bossa Nova
実際にプレイされているのは、ボッサノヴァではなくてファンキージャズ。白木秀雄のラテンが入ったドラミングの軽快さは、粋を感じさせる。63年リリース。

・As One / Reflections
・As One / Selestial Soul
アズワンの1st & 2nd。まだ、ブロークン・ビーツ化する前のピュア・テクノを作っていた時代。1st は静謐でアブストラクトなテクノ。2nd は 1st と比べると、音やビートの輪郭がはっきりとしてアブストラクト色は少し後退。そして、ジャズ趣味が微妙に顔を出している作品。94年と95年リリース。

・Azymuth / Azimuth (レビュー

・Basso - Valdambrini Sextet / Exciting 6
そのまま映画音楽に使えそうなスタイリッシュさ、どことなく漂う不良っぽい佇まい、などイタリアン・ジャズの魅力を堪能できる作品。67年リリース。

・Betty Davis / Betty Davis
マイルス・デイビスの元妻にして、マイルスをスライ化・ジミヘン化させた超本人 (「Filles De Kilimanjar」のジャケットがそう)。というだけあって、激しくファンキー。元からか酒飲み過ぎかは分からないけど、シャガれまくった声はものすごいインパクト。汗を飛ばしまくってるヘビーなファンク。73年リリース。

・The Detroit Escalator Co. / Soundtrack 313 (レビュー

・Dinosaur L / 24 →24 Music
アーサー・ラッセルによるガラージ・クラシックス。もう何か毎年のように再発が続いていて嬉しい限りの状況です。でも、さすがにもう打ち止めかなー。81年リリース。

・Eddie Palmieri / In Concert At The University Of Puerto Rico
71年8月にプエルトリコ大学で行われたライブを収録した作品。翌年のシンシン刑務所でのライヴ盤も必聴。ラテン・ミュージック、サルサとしては異例のハードさ。

・Jazz Quintet 60 / Jazz Quintet 60
北欧デンマークらしい透明感のあるテーマ、そして華麗なユニゾンが心地良い。ここまで洗練されたハードバップはそうない。しかし、その裏でボンボンと弾かれまくるベースがものすごくスリリングだったりする。63年リリース。

・Larry Heard / Sceneries Not Songs, Volume One (レビュー

・Prince Jammy / Destroys The Invaders
インベーダーゲームの音を全編に渡ってたっぷりと散りばめた遊び心たっぷりのコズミック・ダブ。B級SF作品に通じる微笑ましさがある。もちろん、エンジニア魂を感じさせるダブ処理もぬかりなし。82年リリース。

◆J-Pop◆
・嵐 / Happiness (PV
これと同じコード進行の曲はだいたいツボ。オザケンの「痛快ウキウキ通り」とか。

・Goodings RINA / 聖書(バイブル) *MySpaceで聞けます
岡村ちゃんのカバーで初めて良いと思った曲。男の女々しさを完全に無視。わずか3分の爽快カバーで、これは才色兼備の女子にのみ許される行為かも(笑)。タワレコ限定シングル 「X」 に収録。

・Perfume / ポリリズム
今年最も聞いた曲の一つ。これぞポップマジック!!! ただ、パフューム自体にはあまりハマっていなかったりします(単純に曲の問題)。他に 「Electro World」 など好きな曲はあるんだけど。

◆Girl◆
・加藤夏希
「BSアニメ夜話」 でキャーキャー言ってるのを見てファンになりました。

・貫地谷しほり
「ちりとてちん」 で口を尖らせて喋っているのを見てファンになりました。

・のっち
「ポリリズム」 のPVを見てファンになりました。

・安田美沙子
偶然チャンネルを合わせた 「世界ウルルン滞在記」 で、ベロンベロンに泥酔している姿(すっぴんで顔腫れまくりw)を見てファンになりました。

・柳原可奈子
何度も何度もテレビで見るうちに、あれ?何か可愛いかもと・・・笑

◆最後に◆
ベストと言うにはやたらと長い羅列に付き合って頂き、本当にありがとうございました。
Vol.1 に戻る
[PR]

by bigflag | 2008-01-09 23:38 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(10)  

Commented by びびんば at 2008-01-10 02:02 x
あっ、KaitoのミックスCDも良かったですね。
自分の年間ベストに入れるのすっかり忘れてた・・・。

> 偶然チャンネルを合わせた 「世界ウルルン滞在記」 で、ベロンベロンに泥酔している姿(すっぴんで顔腫れまくりw)を見てファンになりました。

中国の田舎に行ったやつですよね。僕も観ました。
いや、ファンにはなりませんでしたけど(笑)
Commented by nariyukkiy at 2008-01-10 02:13
嵐 / Happinessは、僕も好きですよ(笑)ってか、まあ嵐全般が僕の中で去年ブレイクしました。この曲はプリプリのダイヤモンド的でもありますよね。

TheBlackDogは確かジャックケルアックの路上かなんかを朗読しているやつが好き。(というかそれしか持っていません)

去年のお勧めはBlu Mar Ten/BlackWaterですかね、ダンス・ミュージックでは。グッドルッキング時代から好きですけど、このアルバムはいいですよ。
Commented by bigflag at 2008-01-11 23:31
>びびんばさん
忘れていたといえば、俺もアレを忘れていましたよ。びびんばさんが紹介しているのを見て、ソッコーで買いに走った Mix Mag の付録、Josh Wink の 「Acid Classics」 を。なわけで、追加しときましたw
Commented by bigflag at 2008-01-11 23:41
実は・・・嵐の 「Happiness」 は nariyukkiy さんのブログを見て思い出したんです。あっ、そうだ嵐で好きな曲あったーって。もっと言うと、曲名もベストで書くまで知りませんでした(笑)

Blu Mar Ten といえば、Logical Progression Level.2 に収録された曲しか聞いたことがないんで、あまりよく知らないんですけど、試聴探してチェックしてみます。そういや最近 D'N'B はあんまし聞いてなかったです。あと、ベストに Kip Hanrahan を挙げてはりましたけど、Kip もかなり前の作品しか持ってないので、こっちもチェックせねば~と思ってたんですよね。
Commented by kinya at 2008-01-12 17:32 x
明けましておめでとうございます
アーサー・ラッセルは今年初めて聴いてみて今更ハマりました
想像以上にかっこよくてビックリ。
何か今年はドキュメンタリーも公開されるそうですね。

battlesはEPは一応全部聴いてたんですが、、アルバムは未聴です。。結構色んなトコで評判いいみたいなんで気になります。。


そしてわたしも断然のっち派であります!(言っちゃった!)
今年もよろしくお願いします!

Commented by bigflag at 2008-01-12 20:57
kinya さん、あけましておめでとうございます。

ほう、kinya さんものっち派ですか(笑)。って、7~8割くらいの人が
のっち派のような気がするんで、気が合いますね、という感じにはならないですけど(笑

アーサー・ラッセルはほんとビックリするくらい格好良いですよね。
個人的には Soul Jazz から出てるベスト盤がお勧めですけど、
kinya さんみたいにドローンやアンビエントが好きな人であれば、
「World Of Echo」 もハマるかもしれません。その辺りは嫌いではないんですけど、
それほど好物でもない俺にはもう一つ凄さがよく分からなかったんですけどね(笑

Battles は EP 時代の緊張感あふれるサウンドが好きなら、
1st よりも Don Caballero の後期の方がしっくりくるかもです。
EP 時代の実験的な曲は全く聞いてなかったので、個人的には 1st のような
ポップ路線(と言ってもヒネクレですけど)で進化して欲しいと思ってます。

では、今年もよろしくお願いします!!
Commented by にょん子 at 2008-01-14 01:20 x
◆Girl◆の項目がツボでしたw

「のっち」とやら、男性諸君には超人気者なのですな?
早速チェックしてみまっす!
Commented by bigflag at 2008-01-14 21:08
>にょん子様
特に安田美沙子の項でしょうかw

のっち入門(笑)は下記映像でどうぞ(髪の短い子です)

・ポリリズム(PV)
http://www.youtube.com/watch?v=KQ9OERLS244&feature=related

・Electro World (PV)
http://www.youtube.com/watch?v=e4df9pUbIug&feature=related

・Perfect Star Perfect Style (Live)
http://www.youtube.com/watch?v=qBsWKgU3Jh4&feature=related

・カウントダウンライブ '07
http://www.youtube.com/watch?v=V0t60K6swgk
Commented by にょん子 at 2008-01-21 07:20 x
遅ればせながら、やっと引越し先で光が開通したので、のっちさんを堪能しましたぜーー(・∀・)なるほど!分かる気がするっ!!

ついでにG.RINAも聴きました~
「サーカスの娘」は持ってたんですが、その後放置だったんで、岡村ちゃんのカバーやってるの知りませんでした・・・こりゃいい!
Commented by bigflag at 2008-01-22 00:15
>にょん子様
のっち と G.Rina の岡村ちゃんカバーの魅力、分かってくれましたか(笑)
G.Rina のはタワレコのオンラインショップで在庫が切れたら廃盤になりそうな感じなので、
手に入れるならお早めに!!! けっこう良いでしょ♪

<< 2007年の漫画ベスト10 2007年の音楽ベスト Vol.1 >>