「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:未分類( 1 )

 

日本 vs ウズベキスタン (0-1)

ブラジルW杯アジア3次予選の最終戦。消化試合とはいえ、11月の北朝鮮戦に続いての敗戦で連敗。結果も内容もガッカリでしたが、まずはスタメンから振り返ります。

    ハーフナー
 岡崎 香川 藤本
   遠藤 長谷部
長友 今野 吉田 内田   GKは川島


アイスランド戦でパフォーマンスの良かった藤本が右WGに起用されたことで、岡崎と香川はそれぞれ所属チームの定位置である左WGとトップ下という布陣でスタート。中村憲剛のトップ下起用にある程度のメドが立っていること、そして、ドルトムントで素晴らしいパフォーマンスを見せているトップ下の香川を見たい。以上の2点も、この布陣からは感じ取ることができました。

香川と岡崎はチームで好調なだけあって、この悪い試合内容の中でも、それなりのパフォーマンスを見せてくれていました。この2人とは反対に、長谷部と内田は低調な出来。長距離移動によるコンディション不良は長友や香川・岡崎にも感じられましたが、この2人の不調には、チームでの不安定な出場機会が悪影響を及ぼしているように思えましたね。

ハーフナーについては先発で起用すると、こんなもんかなと(笑)。前田にしても李にしても、帯に短し襷に長しという状況ですからね。まあ、最後の手段として、本田のFW起用というのがあるわけですが。そうすれば、香川もトップ下で起用できるわけで。また、急浮上してきた宮市も左WGでという皮算用まで(笑)。ただ、ザックは今のところ上記のような考えは持ってなさそうですが。香川をデル・ピエロに例えていたこともありましたしね。

正直なところ、最も低調だったのは遠藤だったと思います。シーズンオフこともあってか、選手としても完全にオフ状態(笑)。あの出来を思えば、後釜を虎視眈々と狙っている中村憲剛と交代させても良かったと思いましたね。モチベーション高いのはインタビューなどを通しても感じますし。遠藤のバックアップを準備するという意味でも。この交代があれば、後半に香川があそこまで下がってくることもなかっただろうし。遠藤があまりにもボール捌かないんで、香川がボール配給してる時間ありましたからね。それは違うだろうと思って見てましたが(笑)

宮市投入の期待がマックスになっていた頃、その期待は裏切られ(笑)、起用されたのは乾。元相棒である香川との好連携は2回ほど披露してくれましたが、低い位置からの無理なドリブル突破でボールロストも披露(笑)。相変わらずプレーが軽い。イタリア人監督という気質を考えると、次も招集されるかは微妙。香川に比べると、オツムの悪さがもったいない。ジョーカーというポジションを考えると、清武が戻ってくれば居場所はないのが現状かも。現メンバーと比較し、スピードという異質な個性を持つ宮市も出てきましたしね。

妄想ばっかりしていたので、試合内容あんまり覚えてません(笑)
[PR]

by bigflag | 2012-03-01 21:13 | Comments(0)