<   2007年 08月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

Eddie Palmieri 「Recorded Live at Sing Sing」 ('72)

エディ・パルミエリといえばコレ!というライブ盤。リリースはアルバム 「Harlem River Drive」 の翌年。メンバーも 「Harlem River Drive」 から引き続き、Cornell Dupree (コーネル・デュプリー) などが参加。が、クレジットを見るとラテン系ミュージシャンがほとんどを占めており、本作で聴けるのはいわゆるサルサ。ただ、サルサはサルサでも桁外れにハード。ちなみに Sing Sing はニューヨーク北東に位置する刑務所のことで、ここにはプエルトリコ系移民が多く収監されているらしい。つまり、このアルバムはシンシン刑務所への慰問ライブを収めたもの。

ライブ盤だけに熱い内容。それも囚人をこんなにも煽って良いのかってくらいに(笑)。エディのエレピが、チャーリーのオルガンが、Ronnie Cuber (ロニー・キューバー) のサックスなどが次々と足し算、いや掛け算されていく凄まじいテンションが最初から最後まで続く。コンガ、ティンバレス、ボンゴといったパーカッション類の乱れ飛び方も尋常じゃない。60年代末から繰り広げられてきたという、パルミエリ兄弟を中心として積み重ねてきたデスカルガ (ジャム・セッション) の豊穣な結実にして、ラテン音楽の極点の一つ。サルサのハードコアな部分に触れることが出来る名盤。(試聴
[PR]

by bigflag | 2007-08-29 23:13 | ・Jazz / Latin | Comments(0)  

Harlem River Drive 「Harlem River Drive」 ('71)

ハーレム・リバー・ドライブは、ニューヨーク・サルサ界を代表するピアニスト、Eddie Palmieri (エディ・パルミエリ)を中心にして結成されたバンド。バンドとはいっても、元々がレコード会社主導の企画だったらしいので、プロジェクト名といった方が実態に近いかもしれない。メンバーはエディの兄、Charlie Palmieri (チャーリー・パルミエリ) も参加しているが、レコーディングで初めて顔を合わせたメンバーも多かったようだ。その中には、Danny Hathaway (ダニー・ハサウェイ) の 「Live」 へ参加していることでも有名なギタリスト Cornell Dupree (コーネル・デュプリー) など、ジャズ畑のミュージシャンも名を連ねている。

サルサというよりは、ラテン音楽にアメリカのブラック・ミュージック、例えばジャズ、ファンク、ソウルの影響を色濃く反映させたもので、ありがちなレア・グルーヴものとは一線を画すハイブリッド・ミュージック。エレクトリック化していく Miles Davis の影響を受けたこのプロジェクト前後から、パルミエリ兄弟の活動も加速していき、彼らはハード・ラテンと呼ばれる新しいラテン音楽を確立する。新時代の到来を予感させる熱い息吹のこもった名盤。「Idle Hands」 におけるホーン・アンサンブルは、英雄譚を彩るようなスケール感のある名曲。(試聴
[PR]

by bigflag | 2007-08-28 23:19 | ・Jazz / Latin | Comments(0)  

U-17 日本 vs フランス (1-2)

グループリーグ最終戦。あまりにも強烈な差を感じさせられたナイジェリアとは違って、フランスと日本の間にはそこまでの差はなかった。よく整備された守備からサイドへ素早く展開して、あとはサイド・プレイヤーのスピードに任せての突破。これがフランスの戦術で、攻撃は単調さも目立つチーム。あとは、パワーに任せたミドルシュートくらい。これくらいのものなんだけど、これに耐えられないのが日本。柿谷のスーパーなミドルシュートもあったが、最後はフランスに力負け。

日本のトップは柿谷ひとり(水沼もトップに近い位置)。これは怪我の完治していない柿谷の守備の負担を軽くするためだと思う。ただ、このことでナイジェリア戦で少しは出来ていたトップにクサビのパスを入れてからの展開がなくなってしまって、ほとんどカウンターでしか攻撃は出来なかった。頭二つくらい抜けている柿谷を先発で起用したいための布陣だったが、柿谷がベストコンディションであれば、もう少し 「人もボールも動くサッカー」 をやれていたと思うだけに残念。

柿谷は後半の早い時間に動けなくなっていたので、コンディションはまだまだ万全ではないんだろうな。得点シーンのひとつ前の右サイドに抜け出したシーン。柔らかいボールタッチで左右にボールを大きく動かしてスペースを作り出すテクニックは相当なもの。まだ雑なところもあるが、トラップした瞬間にマークを外すキレのある動きも素晴らしい。得点シーンのトラップにしてもそうだけど、相手のマークを外すこと、前を向くことを第一に考えていて、またそれを実行するだけのテクニックとスピードがある。不調を引きずる平山、一向にチームに馴染まない李のことを考えると、五輪代表への飛び級での召集を考えても良い逸材。すごい選手だよ。
[PR]

by bigflag | 2007-08-26 18:30 | ・サッカー / 日本代表ユース | Comments(0)  

U-17 日本 vs ナイジェリア (0-3)

プレ大会で5点差をつけられたナイジェリアとの再戦。が、またしても完敗。ナイジェリアは高い身体能力を生かした高速プレッシングからボールを奪い、相手の守備が整う前にゴール前へと一気に駆け上がってくる。これはコートジボワールをはじめとして、アフリカの強国に見られる最新モード。厳しくて早いプレッシングに慣れていない日本は、ミスパスが多くゲームが作れない。前試合のハイチだと、ボールを奪ってから日本と同じくミスが多かったが、ナイジェリアは違った。しかも、一点目のミドルシュートはスゴ過ぎた。バイタルエリアで彼らに前を向かせたら、何をやらかすか分からない。もうお手上げという感じ。

日本も何とか同点にしようと反撃を試みる。ハイチ戦の反省を生かして、クサビのボールを増やし、いわゆる 「人もボールも動くサッカー」 をしようとしていた。実際、良い形も何度か作れていた。が、ナイジェリアの圧力に押されて、自陣深く引かざるをえない状況が多く、前線は孤立せざるをえなかった。パスを出せる相手が近くにいない。こうなると厳しい。ハイチ戦で機能していた水沼を中心としたサイドアタックもほぼ見られず。水沼が自陣で守備に奔走していたこと、研究されてフリーにさせてもらえなかったことで、完封されてしまっていた。

この完敗に思い出したいエピソードが一つ。

U-17でナイジェリアと対戦した中田英寿は、カヌーらナイジェリア選手の高い身体能力を前にして 「どうやっても勝てない」 と感じたのだが、アトランタ五輪で再戦した時には、U-17時代にチームメイトだった松田とともに 「ナイジェリアの選手は、U-17の時からほとんど成長していない」 と感じたという有名なエピソード。ただ、その試合は負けてしまったんだけど。この話は攻めるか守るかで、西野監督と揉めたエピソードとしても有名ですねw。この試合が明日への実りとなることを祈って。。。
[PR]

by bigflag | 2007-08-23 22:02 | ・サッカー / 日本代表ユース | Comments(0)  

U-22 日本 vs ベトナム (1-0)

とりあえずスタメンから。

     平山 李
       柏木
本田圭 梶山 本田拓 水野
   水本 青山 細貝       GKは山本

このスタメンには驚いた。家長がフリーマンとして動くシステムが上手く機能していたこと、柏木が合流して間がないこともあり、柏木のところは家長だと思っていたからだ。正直、ヤバいかもと思ったけれど、予想よりも柏木はチームに馴染んでいた。むしろ、気を吐いていたと言って良いほど。

このチームの問題点は明らかで、選手がチームプレーを出来ないこと。水野がアジアカップで起用された試合でことごとく機能しなかったのも、そういうことではないか。例えば、独力で突破が苦手な本田圭の生かし方を誰も考えていないんだよな。本田もサイドバック気味の起用に戸惑っていたのか、ボールを呼び込む動きが出来ていなかった。それだったら、ドリブル能力の高い梅崎を起用した方が遥かに良い結果が得られるはず。左サイドを機能不全にしておくのは勿体らしい。こんなチーム状態で、パス、ドリブル、フリーランニングを適時に使い分けられる柏木が新鮮に映るのも当然か。

平山は何とかしようという気持ちは今までよりも伝わってきたけど、肝心のシュートが入らない。これまでのユースチームでは救世主的な存在だったのに、今ではすっかりブレーキかけてるよな。この試合を見て、五輪の連続出場が途絶えるかもと益々不安になってきた。次のサウジ戦が山場!!!
[PR]

by bigflag | 2007-08-23 03:32 | ・サッカー / 日本代表ユース | Comments(0)  

日本 vs カメルーン (2-0)

三試合のうちの一試合目。なんだかんだで結局、一日で全て見てしまったw。

アジアカップを戦った結果、個人能力の高い選手をチームに組み込む必要性を感じたオシムが召集したのは、大久保、田中達也、前田、山瀬といった、ドリブル能力の高い選手、決定力の高い選手など、よりゴールへと近づける選手たちだった。先発メンバーは下記の通り。

      前田
 大久保    田中
      遠藤
    阿部 鈴木
駒野 闘莉王 中澤 加地    GKは川口


カメルーンのプレスが厳しいわけでもないのに、闘莉王をはじめ拙いミスパスが多く、ゲームの組み立てはあまり上手くできなかった。また、アジアカップの時は俊輔、遠藤、憲剛と三人のゲームメイカーを起用していたが、この日のスタメンでは遠藤ひとりだけ。このことも大きく影響していた。内容は最初期のオシム・ジャパンと同じような感じで、縦への早い攻撃がほとんど。一つ攻撃の形が決まると、そればっかりになるのがこのチームの悪いところ。ワザとやってんのか分からないけれど、オシムのメンバー構成は割と極端になる傾向があり、ちょっと気になっている部分ではある。

大久保と田中を中心としたサイドアタックはカメルーン相手でも通じるレベルにはある。あと、前田のポストプレーも良かった。ゲームの組み立てに参加できるFWは、日本のようなパスサッカーを志向するチームにとっては非常に重要なので、今後の召集も期待したいところ。あと、山瀬は流れの中では存在感を発揮することが出来なかったが、すんごいゴールを決めたよな。Jでの10ゴールは伊達じゃない。良いゴールも多いし。守備では中澤の存在感が光った。

しかし、カメルーンは強行スケジュールでこの強さ。ヨーロッパでやったら、全く別のチームだろうな。エトオは左右の足を使った一人ワンツーみたいなフェイントをよく使っていて、日本の選手は一瞬でマークを外されてしまっていた。やっぱ上手い。プレースキックは下手だったけどw。
[PR]

by bigflag | 2007-08-23 03:00 | ・サッカー / 日本代表 | Comments(0)  

DJ Shortkut 「Blunted With A Beat Junkie」 ('04)

カリフォルニアのターンテーブリスト、DJ Shortkut のミックスCD。前に紹介した Trojan の音源を使った Madlib のミックスCDに続く企画もの。そして、このアルバムでは、Trojan に加えて Greensleeves の音源も使用されている。DJ Shortkut については全く知らないんだけど、1998年度の DMC (Disco MIxing Club) West Coast Champion だそう。

全く知らないのになぜ購入したかというと、中古屋でCDを漁っていたら、Madlib の 「Blunted In The Bomb Shelter」 と似たタイトルだな~と目に入ったんですよね。そう、偶然ですw。同じレーベルの音源を使っていても、当然ながらそのミキサーの個性が反映されるわけで、ユルユルだった Madlib のミックスとは違って、けっこうカッチリとした雰囲気。DJ Shortkut はリズムの立っている曲を好んで選曲している感じ。Don Carlos の 「Laser Beam」 を筆頭に、レゲエの格好良さを教えてくれるアルバム。
[PR]

by bigflag | 2007-08-21 23:56 | ・Mix CD | Comments(0)  

U-17 日本 vs ハイチ (3-1)

U-17の日本代表戦が関西の地上波で放送されたのって、今回が初めてのような気がする。これもあの 「お調子者たち」 のおかげなんでしょうかw。今代表での注目選手は、17歳にして早くもトップチームで活躍しているセレッソ大阪の柿谷曜一朗。が、この試合は負傷のためベンチスタートだった。

ハイチは中米では圧倒的な実績を誇るメキシコを破ってきたチーム。で、どんなサッカーをしていたかっていうと、トップに身体能力の高い選手を置いて、残りの選手は引いて守備をするというカウンター型のチーム。が、高い身体能力を生かしてセカンドボールを素早く拾い、そこから素早く前に繋げる縦への速さは一発があるだけに脅威を感じさせるものがある。ただ、守備そのものはそれほど組織的ではなく個人能力に負うところが大きいチームだった。メキシコは先制点を取られて、ドツボにハマったのかも。こういうチームに先制点を取られるとゲームは難しくなるからなあ。

ただ、この試合、日本は早いリスタートからのセットプレーで先制点をあげる。アフリカ系のチーム (ハイチは中米だが、選手は皆アフリカ系) にありがちなセットプレー時の集中力の欠如をついた形。前半は日本がリードして終わる。ただ、内容は良くなかった。ミスパスの多さと中央でクサビとなれる選手の不在がその要因。パスサッカーを志向していて、これでは少々辛いという印象。しかし、左サイドから右サイドの水沼(Jr!)へ、というサイドチェンジをしての大きな展開は可能性を感じさせた。水沼のドリブルのキレも悪くない。

後半、ハイチにミドルシュートを決められて追いつかれてしまう。後半になってラインを上げて攻めてきたハイチに押し込まれる格好が、そのゴールに繋がった。しかし、ハイチのようなチームがラインを上げて戦うのは非常にリスクを伴う。それはボールを見過ぎて、人を見失う傾向が強いため。試合を決定付けた柿谷の三点目のゴールシーンがまさにそうだった。その得点シーンだけど、トップスピードであれだけボールを上手くコントロールできる技術はスゴい。スピードも申し分ない速さ。短い出場時間であっさりとゴールしてしまう引きの強さも良い。ベンチで見ている時にハイチのディフェンスの隙を見つけていた、と試合後のインタビューで語っていたように、戦術眼も高そうだ。

ただ、自分にとってのアイドルは?と聞かれて(試合後のインタビュー)、「クリスティアーノ・ロナウドが好きです。でも、相武紗季がもっと好きです」 と答えてしまうあたり電波クンの予感もw。あと、好きなものを10個挙げろと聞かれて、「かわいい女の子」 「女の子と遊ぶこと」 「加藤愛」 「リア・ディゾン」 と答えるチームメイト(端戸)がいるなど、下半身のスキャンダルを真剣に心配される初の代表チームなんじゃないですかねw。ちなみに、ゴール後のパフォーマンスは、小島よしおの 「そんなの関係ねぇ!」(オッパピーのポーズでやっと気付いたw)。

それに引き換え、調子乗り世代が加わっても未だに悲壮感が漂ってるよな、五輪代表には・・・
[PR]

by bigflag | 2007-08-20 23:24 | ・サッカー / 日本代表ユース | Comments(0)  

Madlib 「Blunted In The Bomb Shelter」 ('02)

ヴァイナル・ジャンキー、マッドリブのミックスCD。音源はスカやレゲエのレーベルとして有名な TROJAN (トロージャン)。ただ、曲を繋いでるんじゃなくて、ボコーダーボイスやマッドリブ印の煙いSEを入れたりと遊び心が全開で、緩い雰囲気含めて非常にらしいミックスになっている。

収録時間が約60分で、曲数はなんと45! 立ち上っては消え、また立ち上ってくる小さな煙が、心を和ませてくれる。Blue Note の音源をリミックスした「Shades Of Blue」とはまた一味違う煙たさ。レゲエの持つ緩さ、かわいげ、ファンキーさを見事に引き出している。今ならAmazonにて1000円で買えるので (なぜか Single 扱い!!!笑)、レゲエにちょっと手を出してみようかなんて人にもオススメ。猛暑を少しばかり軽くしてくれるはず!?
[PR]

by bigflag | 2007-08-17 00:29 | ・Mix CD | Comments(0)  

K-1 WORLD GP 2007 in ラスベガス

日曜日の深夜に放送していたラスベガス大会をようやく観戦。放送が深夜だったのは、ラテ欄に中迫の名前が使われていたくらい地味なメンツのせいでしょうかねw。

<パトリック・バリー vs リカルド・ノードストランド>
バリーというアメリカ人選手はホーストの門下生らしいんだけど、戦い方を見ると、ホーストというよりは、K-1時代のミルコと似ているような気がした。サウスポーはもちろんのこと、強引さの残る左右のパンチからハイキックに繋げるあたりは特に。最後はホーストの門下生らしくローでノーストランドを仕留める。しかし、ホーストのチーム名って 「チーム・ミスターパーフェクト」 なのねw。

<ザビット・サメドフ vs エスチャダー>
エスチャダーはサメドフのスピードに全くついていけず。1R終盤、サメドフの放った左フック・左ボディ二発・左フック・右アッパー・左フック、という計六発のコンビネーションでダウンを奪ったシーンは今大会のハイライト。最後は回し蹴りでフィニッシュ。

<ダグ・ヴィニー vs アレクサンダー・ピチュクノフ>
極真の選手って、なんか見ていてもどかしい部分があるんだよなあ。勝負弱いというか。まあ、慣れていない部分もあるんだろけど。顔面ありのルールに慣れるのもかなり時間がかかるし。グラウベのデビュー当初と同じく前途は多難という印象。

<ザビット・サメドフ vs パトリック・バリー>
ん? バリーが勝ったように見えましたけど???

<ダグ・ヴィニー vs ザビット・サメドフ>
トーナメントの決勝戦。K-1の神はシンデレラ・ボーイ (ダグ・ヴィニーのファイトマネーはわずかに約50万円) を選択したってことでしょうか。二人ともお疲れで、ある意味、決勝らしい退屈な試合だった。

<アリエル・マストフ vs ピーター・ボンドラチェック>
この試合もフィニッシュが回し蹴り。回し蹴りでのKOシーンを一日に二度も見たのは初めてだな。ボンドラチェックは体重増加に動きやらスタミナがついていってない感じ。

<ステファン・レコ vs マイティ・モー>
レコのクリンチ地獄。どこがブリッツ(稲妻)なんだ?

<ビヨン・ブレギー vs レイ・セフォー>
セフォーはコンディションが悪いのか動きにキレが感じられない。体が小さいとコンディションの悪さを誤魔化す戦い方が出来ないから苦しい。ブレギーがコツコツと放つジャブとローで奪われたポイントを上回る攻撃は出来ず判定負け。グランプリ開幕戦の推薦枠・第一候補はセフォーだったらしいけど、いよいよその座は我らが武蔵さんの下へ?笑
[PR]

by bigflag | 2007-08-15 01:17 | ・格闘技 - 打撃系 | Comments(0)