<   2010年 06月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

日本 vs パラグアイ (0-0 / PK 3-5)

残念ながら、日本代表がワールドカップから去ることが決まってしまいました。勝利まであと半歩ということろまで迫っていただけにすごく残念ですが、ひとつのグループとして懸命に戦った選手たちは、本当に素晴らしい試合を見せてくれたと思います。そんな試合を4回も見ることができたのから、サッカーファンとして本当に幸せな時間でした。では、試合を振り返りたいと思います。スタメンは下記の通り。

       本田
大久保       松井
    遠藤 長谷部
       阿部
長友 闘莉王 中澤 駒野   GKは川島


両チームとも守備的なチームなので、最後の最後まで非常に拮抗した展開が続きました。とはいえ、厳しいプレッシャー下で、味方選手へ正確にボールを繋ぐ能力は、やはりパラグアイが上回っていました。日本は繋ぎにミスが非常に多いため、パラグアイへ攻撃機会を容易に与えてしまっていました。ただ、パラグアイの前線には、例えばメッシやC.ロナウドのような一人で違いを作り出せる選手がいないため、決定的なチャンスを作られることは数えるほどでした。もちろん、日本の守備ブロックが非常に強固だったこともあります。

日本のチャンスは、本田、松井というプレッシャー下でボールをキープできる選手から生まれていましたが、パラグアイの老獪な守備を前に、PA内へ侵入できたケースはほとんどなかったように思えます。本田と松井が放ったミドルシュートを除けば、そのほとんどのミドルシュートは相手に寄せられるのを怖がって早めに打っていましたが、これはミスパスが頻発することと原因は同じです。つまり、厳しいプレッシャー下で落ち着いたプレーをなかなか選択できない、ということです。日本のサッカー選手が抱える大きな課題として、改めて突きつけられた大会と言えるでしょう。

後半に入ると、パラグアイも疲れからかミスパスが増え、日本もボールキープできるようになりましたが、パラグアイの守備に綻びが出るということもなかったため、試合はますます膠着状態に陥ってしまい、延長戦への突入は端から見ても明らかでした。ただ、岡田監督は90分以内での決着も諦めていなかったようで、攻撃時にミスの目立っていた阿部に替えて、中村憲剛を後半36分に投入しました。この采配が当たり、本田とボランチの間で起点ができた日本は、ゲームの流れを寄せることができました。とはいえ、その流れを得点に結びつけることは出来ず、そのまま延長に入ることになります。延長線の後半では強引に点を奪いに来たパラグアイに危ないシーンを作られましたが、日本の守備陣は最後の最後まで諦めずに、よく耐えたと思います。

PK戦での敗北については、駒野のキックミスよりも、相手のキック前に先に動いてしまう、川島のクセをPK戦の途中で読まれてしまったことの方が、より敗因に近いのではないかと思います。しかし、号泣する駒野に、アテネ五輪の同志である松井がより号泣しながら声をかける図には、本当にグッと来ましたねえ。あのシーンは、ずっと見続けてきたからこそ、噛み締めることの出来た深い味わいでした。

「選手の多くはJリーガーなのでJリーグを見てください」 という長谷部のコメントは、ジョホールバルでの中田英寿のコメントをトレースしたものでした。ヒデのは即興でしょうけど、長谷部は試合前から考えていたんじゃないでしょうか(笑)。いや、でもJリーグも面白いので、興味を持ったひとは足を運んでもらいたいですね。日本代表チームの選手以外にも、良い選手は一杯いるんです!!
[PR]

by bigflag | 2010-06-30 19:03 | ・サッカー / 日本代表 | Comments(4)  

ブラジル vs チリ (3-0)

ブラジルとチリの間には想像以上に力の差がありました。これまで機能していたチリの組織的な攻守の動き、あるいは右WGのサンチェスのドリブル突破など、そのほとんどが封じられていました。チリのディフェンスは前からボールを奪いに行くことが特徴ですが、ブラジルの選手はチリのプレスを簡単にいなしていました。さらに攻撃においても、ブラジルは対面したディフェンスが上手いため、これまでなら繋がっていたパスがゴール前へ運ぶ前にカットされていました。

ブラジルがCKから先制点を奪い、すぐに追加点もあげると(カカのスルーパスは時間が止まっているようでしたねえ・・・)、チリは前がかりにならざるをえず、カウンターから危険な場面を何度も作られていました。ただ、前へ人数をかけるも、チリはブラジルの守備ブロックを崩せませんでしたので、結果、後方の守備がガラガラとなってしまい、トドメの一発が決まったことでブラジルの勝利が決まりました。

それにしても、今回のブラジルは磐石すぎますね。守備が鬼です(笑)。さすがドゥンガ!! 唯一不安なのは、カカやロビーニョといった攻撃のキーマンが出場できないケースでしょうか。ポルトガル戦を見る限り、カカやロビーニョに代わる創造的な選手はいないようでしたので。
[PR]

by bigflag | 2010-06-29 13:05 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

アルゼンチン vs メキシコ (3-1)

メキシコはこんなに守備が良いチームだっけ、というほど序盤からアルゼンチンに対して、厳しくプレッシャーをかけていました。メキシコの厳しいチェックにアルゼンチンは前へボールを運べず、メッシも低い位置に下がってくるばかりで、目立った働きはできていませんでした。メキシコは厳しいチェックからボール奪取後、素早くカウンターに移り、アルゼンチンのゴールを脅かすプレーができていました。

そんな状況がずっと続いていたのですが、メッシがバイタルエリア付近でボールを受けると、誤審とはいえ、それがすぐに得点に結びついてしまうのだから、メッシはやはり持ってる男ですね(笑)。さらに、イグアインが相手DFのミスを逃さずにゴールへと結びつけ、アルゼンチンは2点をリードして前半を終えることができました。そして、後半早々にテベスが個人技で強烈なミドルを叩き込み追加点を奪った時点で、アルゼンチンの勝利は動かないものとなりました。1点を返したメキシコのゴールは高度な素晴らしいゴールでしたし、最終結果ほどに両国の実力は離れたものではなかっただけに、メキシコとしては誤審とDFの軽率なミスによる失点は非常に悔やまれるものでしょうね。

ところで、今回のW杯は今季のCLをトレースするかのような内容になっているのが興味深いですね。インテルを模範とするような、堅いブロックによるゾーン・ディフェンスとカウンターを戦術に採用しているチームが非常に多いです。あと、CL決勝に残ったチームに在籍する選手が、決勝トーナメントでも勝ち残っています。ブラジルとアルゼンチンの選手を中心にスナイデル(オランダ)とエトー(カメルーン)を加えたインテルに、ドイツ代表メンバーにロッベン(オランダ)とリベリー(フランス)を加えたバイエルン、という具合にです。今季はプレミア勢の衰退が予兆として表れていた通りに、実際にイングランド代表もドイツ代表に惨敗を喫したりと、非常に現象として面白いですねえ。
[PR]

by bigflag | 2010-06-28 19:08 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

ドイツ vs イングランド (4-1)

ひどい誤審もありましたが、最終的にドイツの勝利は動かないであろう、というほど両チームには明確な差がありました。まず、イングランドはコンディションが悪そうで、選手の動きが非常に鈍いものでした。それゆえ、イングランドの選手はボールを受ける位置が悪く、ドイツの守備網に容易に引っ掛かっていました。反対に、ドイツの選手はよく動けており、特にエジルがイングランドのMFとDFの間のスペースでボールを受けることが出来ており、前線で攻撃の起点となっていました。イングランドでは、ルーニーがその役割を期待されていたはずですが、相変わらず不調は続いており、前線で違いを作ることはできませんでした。

また、コンディションの問題に加えて、オフェンスの意志統一にも差があったと言えます。ドイツにはラーム、ミュラー、エジルの3人を中心に右サイドで攻撃を組み立て、クローゼとポドルスキにフィニッシュさせるという明確な攻撃パターンがありました。一方のイングランドは、スロベニア戦で見せた右サイドのミルナーによるサイドアタックが影を潜め、中央に人数をかけるだけの強引なオフェンスが目立っていました。スロベニア戦で見せたサイドアタックは、偶発的なものだったのかもしれません。

ドイツに2点を奪われてから、イングランドはようやくエンジンがかかったようで、思い出したかのようにミルナーからのサイドアタックも見え始めました。この流れから1点を返し、そして、本当は同点に追いついたのですが、誤審により、リードされたまま前半を終えることになりました。

後半のイングランドは同点に追いつこうと前がかりになっていました。ドイツの追加点はセットプレーからのカウンターによるものでしたが、イングランドの守備はあまりにも稚拙でした。イングランドは交代策も失敗だったり、遅かったりで、試合の流れを変えるような有効打にはなりませんでした。日本との直前の強化試合の際も、イングランドが好調でないことは分かりましたが、結局、最後までチームに波が来ることはありませんでしたね。ルーニーの不調もありましたが、それ以上に攻守に規律がなさすぎました。

ドイツのエジルは大会のベスト・プレーヤーのひとりじゃないでしょうか。派手なプレーをするわけではありませんが、プレーが非常に正確で、繋ぎのアイデアも豊富で非常に見ていて楽しい選手ですね。
[PR]

by bigflag | 2010-06-28 13:16 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

ガーナ vs アメリカ (2-1)

それにしても前半のガーナはすごかった。とにかくプレーが速い。プレスも速いし、パス・スピードも速いし、とにかく選手がよく動く。相手ボランチに対する素早いチェックからボールを奪ってのショート・カウンターで、あっさりガーナが先制しました。このまま勢いに乗って追加点かという展開でしたが、アメリカがよく耐えて前半はそのまま1-0で終わりました。

解説の清水さんが 「ガーナは飛ばしすぎ」 と盛んに指摘していましたが、後半のガーナはその指摘通り一気に失速していました(笑)。プレスが弱まったことで、アメリカはボールを前へ運べるようになりました。試合を見ていると、ガーナは引いて守るのは明らかに不得手といった感じで、後方からランニングしてくる選手を捕まえられないシーンが目につきました。同点のシーンも2列目から飛び出してきたデンプシーへの対応が遅れたことが原因でした。自分たちの型にハマると強さを見せるのですが、型にハマらないと非常に脆いというのはアフリカ勢に共通した欠点ですね。

精神的に強いアメリカが逆転するだろうと見ていたのですが、延長に入るとアメリカは動けなくなってしまい、一発のロングボールからギャンひとりにやられてしまいました。ガーナの次戦はウルグアイとの試合になりますが、試合巧者の南米勢が相手では苦しいかもしれませんね。ただ、ウルグアイも突出した選手がいるチームではないので、これまた1点差のつばぜり合いになりそうです。
[PR]

by bigflag | 2010-06-27 23:09 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

ウルグアイ vs 韓国 (2-1)

日本が対戦するパラグアイと似たところのあるウルグアイを相手に、韓国がどのようなプレーをするのか注目していたんですけど、GLの試合と比べると韓国の動きは出足が遅く鈍いものでした。これが疲れからくるものなのか、戦術上の理由なのか分かりませんが、まあウルグアイの得意とするカウンターを逆に仕掛けようという意図も感じなかったので、GL3試合を戦った疲労によるものだと思います。

反対にウルグアイは動きが良く、前からプレッシャーをかけて、韓国のミスパスを盛んに誘うことに成功していました。先制した場面では、韓国GKの反応の鈍さと、スアレスを見失ってしまったDF陣と、2つのミスが重なったことが原因でしたが、相手の裏をかくスアレスの動き出しは、試合を通じて韓国の脅威となっていました。前半の韓国にはポストを直撃したFKが一本ありましたが、朴智星が孤軍奮闘しているという印象でしたね。

後半に入ると、ようやく韓国にもエンジンがかかり、左SBの李榮杓(イ・ヨンピョ)など、後方からのオーバーラップも出始めました。これは先制したウルグアイが意図的に自陣に引いたこともありますので、韓国に勢いが出てきたというほどではありませんでした。とはいえ、ウルグアイのラインを徐々に押し下げることにも成功しており、そのことが同点に繋がったことには違いありません。

同点に追いつかれたことで、ウルグアイは前半のように再び攻撃に人数をかけ始めました。それが決勝点に繋がったわけですが、点を取りに行ったときにキッチリ得点を奪うあたりに、南米らしい強さを垣間見たように思います。この辺が韓国や日本らアジア勢、アフリカ勢との差でしょうね。GLの試合を観る限り、パラグアイはウルグアイよりも攻撃力が上回っているチームだけに、日本も相当に苦しい試合展開になるのではないかと予想できます。
[PR]

by bigflag | 2010-06-27 22:49 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(2)  

日本 vs デンマーク (3-1)

やってくれましたね!! W杯直前の番組では3戦全敗というフレーズが踊っていましたが、2勝1敗という文句なしのGL突破でした。しかも、カメルーン戦、オランダ戦、デンマーク戦と、徐々に内容、特に攻撃が良くなっていきました。開幕前に4連敗した親善試合では、パスワークに全く落ち着きがなかったんですが、カメルーン戦に勝利したことで、選手たちが自信を持ち、落ち着いてプレーできるようになりました。不用意なパスミスが明らかに減りましたからね。日本のサッカー界が自信を取り戻した瞬間に立ち会えたようで、本当に感動的な試合だったと思います。それでは試合を振り返ります。スタメンは下記の通り。

       本田
大久保       松井
    遠藤 長谷部
       阿部
長友 闘莉王 中澤 駒野   GKは川島


引き分けではGLを突破できないデンマークは、試合開始から非常に攻撃的でした。しかも、トマソンとロンメダールが互いの位置取りを変えてポジショニングするなど、日本のディフェンスを混乱させようという意図がありました。ただ、この二人のポジション・チェンジはさほど効果的ではなく、すぐに元のポジションへ戻っていました。しかし、トマソンが中央に戻ってからの方が厄介で、日本にはトマソンの動きをケアする選手がおらず、立ち上がりからトマソンをマークしきれずに、危険なシーンを何度か作られてしまいました。

テレビで見ているときは気付かなかったんですけど、立ち上がりの日本は 「4-2-3-1」 とポジショニングしてスタートしたところを、前半すぐに、これまでの2戦と同じ 「4-1-4-1」 に修正して、トマソンの動きを対処したそうです。端的に言うと、ボールの出所であるポールセンへのプレッシャーよりも、トマソンのフリーランニングへの対応を優先したということでしょう。このフォーメーション・チェンジ以後、完璧とまではいきませんでしたが、阿部や長谷部、遠藤を中心によく守っていたと思います。

トマソンへの対処を施したあと、日本も攻めることができるようになったんですが、その矢先に飛び出したのが本田のブレ球フリーキックによる先制ゴール!! この男、やはり何か持ってますねえ。日本人サポと同じく、CSKAモスクワのサポもガッツポーズしたんじゃないでしょうか。ゴールシーンは、今季のCLセビージャ戦のデジャヴでしたからね!! 移籍金も跳ね上がったでしょうから、CSKA会長のガッツポーズが一番大きかったかもしれません(笑)

本田が直接FKを決めたと思ったら、なんと今度は遠藤までもが直接FKを決めてしまいました。相手チームからしたら悪夢ですよ。直接FKが連続して入るなんて、滅多に見ることができないですからね。ただ、偶然に入ったわけでもなく、明らかに先の本田のFKが伏線になっていて、相手の壁の作り方も、GKの守り方も本田を警戒していました。デンマークの選手たちには、我らがガチャさんの姿が目に映っていなかったようでした(笑)。美しい弧を描くFKが決まったのは、今大会では初めてじゃないでしょうか。まさに快挙です!!!

2点をリードされたデンマークはさらに前がかりになって攻めてきました。しかし、これが日本にとってはラッキーでした。前半の序盤にデンマークが見せたスペースをつくフリーランニングがなくなり、単調な攻撃になったことで、マークのズレもなくなり、非常に守りやすい展開になりました。後半36分に訳の分からない判定で、1点を返されてしまいますが、デンマークのロングボールにも耐え続け、その上、日本がカウンターから追加点をあげて完勝してくれました。

3点目の本田のプレーも、相手の逆をつく素晴らしい切り返しでしたねえ。オランダ戦とは違って、前線でのポストプレーも非常に安定しており、攻撃の起点として非常に機能していました。ただ、ポストプレーをするだけではなく、隙あらば前を向いて仕掛けることも忘れず、満点の出来だったと思います。期待通りにロンメダールを抑えてくれた長友、期待以上にベントナーを抑えた中澤と闘莉王、トマソンに対応した阿部、川島の気合の入った顔芸(笑)など、ディフェンス陣の働きも素晴らしいものでした。

さあ、次はパラグアイか~。条件もイーブンだし、デンマーク戦よりも遥かに難しい試合になると思いますが、全力を尽くして欲しいと思います。パラグアイ戦に向けた、トルシエのアドバイスは 「スタメンを替えてはいけない」 だそうです(笑)。やったぜ日本!!!
[PR]

by bigflag | 2010-06-25 11:56 | ・サッカー / 日本代表 | Comments(0)  

イングランド vs スロベニア (1-0)

イングランドの試合を見るのは初戦以来だったんですけど、アンカーのポジションにバリーが復帰したことで、中盤の選手各々の役割が明確になり、初戦と比較すると、随分と改善されたように見えました。まず、サイドの高い位置で、ジェラードやミルナーが起点となることができていました。そのことで、ジェラードやランパード、バリーらのロングパスが生きるようになり、ピッチをワイドに素早く使えるようになっていました。そして、デフォーとルーニーが交互に相手DFの裏を狙うことで、縦の深みも出るようになっていました。

スロベニアもよく守っていましたが、対面の守備に手一杯という感じで、セカンド・ボールもあまり拾うことができず、時間を経るごとに動きの良くなっていったイングランドが試合を支配していました。ただ、スロベニアGKのナイスセーブもあり、何度かあったルーニー絡みの決定機をゴールに結びつけることはできませんでした。

ルーニーが波に乗れていないのが気にかかりますが、GL最終戦でチームの調子が上向きになったことは、イングランドにとっては良かったかもしれません。とはいえ、2位通過になったことで、初戦の相手がドイツとなってしまったのは痛いところです。たとえドイツに勝ったとしても、隣のポッドからは好調のアルゼンチンが上がってくることが予想でき、かなり厳しい組み合わせと言えます。
[PR]

by bigflag | 2010-06-24 11:14 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

チリ vs スイス (1-0)

今大会、最も魅力的な攻撃サッカーを展開しているチリと、ヨーロッパ王者であるスペインを完封した堅守が持ち味のスイスの対戦だったんですが、そうした両チームの対照的な持ち味が存分に出た試合だったと思います。ただ、ベーラミの退場処分は余計でしたけどね。

スイスはスペイン戦と同じく、中央に非常に堅いブロックを作っており、チリに決定機を作らせない展開でした。チャンスを作られたとしても、サイドからセンタリングを上げられるくらいで、何度も何度もボールを跳ね返していました。ところが、ベーラミの退場以後、サイドからのクロスを上げられた際に、マークのズレが徐々に生まれていました。このことが失点に繋がりはしませんでしたが、いずれ得点の入りそうな気配が漂ってきました。

しかし、スイスの守備もたいしたもので、マークが多少ズレても高い集中力を保ち、最後のところで踏ん張り続けていました。戦況が膠着状態になったみるや、ビエルサはすぐに選手交代に動きました。後半の頭から2人を替え、後半15分には3枚目のカードも切ってきました。この選手交代が当たり、何度目の正直かというサイドアタックから先制点をあげます。その後も、何度も決定機を得ながら追加点をあげられないチリの試合っぷりにヒヤヒヤしましたが、2試合目も見事に勝ち点3を得ることができました。ただ、スイスがスペインに勝っており、また、最終戦にスペインを残しているチリのGL突破は予断を許さない状況です。個人的にはスペインとチリに抜けて欲しいので、ホンジュラスの頑張りに期待したいですね(笑)
[PR]

by bigflag | 2010-06-22 12:59 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

ブラジル vs コートジボワール (3-1)

ブラジルとコートジボワール、正直、ここまで内容に差が出るとは思いませんでした。序盤の攻防を見る限り、純粋な戦力差は結果ほどには開いていないと思うのですが、いざリードを奪われたときなど劣勢になった際のメンタリティや、攻守におけるゴール前でのアイデアには、強豪国との間には依然として大きな差があるんでしょうね。先制点に繋がったカカの狭いエリアでの精度の高いプレーはさすがでした。不調と聞いていましたが、あれだけのプレーができるのであれば、コンディションが上がるにつれて、パフォーマンスもさらに良くなりそうです。

一方、コートジボワールは先制されたことで、攻撃に出ざるをえなくなり、それがブラジルにスペースを与えることになってしまい、完全にブラジルにペースを握られてしまいました。ゴール前までボールを運んでも、ボランチやCBによる中央のディフェンスは強固で、何度もボールを奪われているうちに、段々と集中力が途切れていくのがテレビの画面越しにも伝わってきました。3点入れられたあとにあげたドログバの得点は、コートジボワールに戦意を呼び戻しましたが、その戦意が悪い方に出てしまい、試合が荒れて後味が悪くなってしまったのは残念でした。しかし、ルイフ・ファビアーノの 「聖なる手」 発言とプレーに対しては、何の処分もないんですかね(笑)
[PR]

by bigflag | 2010-06-21 18:08 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)