<   2015年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

2014年の音楽ベスト Vol.2

2014年の大きな出来事といえば、ものすごーく重い腰を上げて、ようやく携帯をスマホに変えました。別にガラケーに対して思い入れがあるわけでも、アンチ・スマホというわけでもなく。便利になるの分かってたんですけどね。ただ、めんどくさがってただけです(笑)。今更でなんですが、twitter も始めてますので、良かったらフォローしてください!!

◆Best 20◆
 11. Fennesz / Becs
オーストリアの電子音響音楽家、フェネスによる6年ぶりの新作。きめ細やかな音の粒子を重ね合わせ、音を立体化し、空間に奥行きを持たせる音作りはもはや神業。今にも壊れそうなギターの音色が、情緒に美しい歪みを加えている。

 12. Homecomings / Somehow, Somewhere
京都を拠点に活動する、ホームカミングスの1stフル。ネオアコ、ギターポップという言葉に引っかかるひとなら、大抵はノックアウトされるバンド。切なさを煌めかせるように奏でる、福富さんのギターの音色が本当に素敵です。

 13. jjj / Yacht Club
Fla$hBackS のクルー、jjj による1st。「Fl$8ks」 でも印象的だったハードなギター使いなど、サウンドのアタック感はクルー随一。Prince の”Do Me Baby”をサンプリングした、”Go Get 'em”のあまりの過剰さには、殿下も思わずニヤリ(多分)。

 14. Mac Demarco / Salad Days
カナダの脱力系SSW、Mac DeMarco の2nd。日常系のサイケデリック・フォーク。サイケなのに日常系。良い感じに抜けてます。なんか Sublime とか思い出す。気の置けない友人たちと飲んでるとき、BGM にしたい。

 15. DJ Mitsu The Beats / Celebration Of Jay
ヒップホップ・プロデューサー、DJ Mitsu The Beats が J Dilla へ捧げた作品。オープニングの切ないメロディ一発で持ってかれる。固くタイトなドラムをクオンタイズに捕われずに打ち込む、という J Dilla 節が全開。

 16. Nopal / Summer EP 2015
富山在住の女性ラッパー、Noppal (ノッパル) によるEP。本作のプロデュースは、横浜のトークボクサー LUVRAW。レイドバックしたメロウな楽曲群が、夏の様々な香りを運んで来てくれる。

 17. Ogre You Asshole / ペーパークラフト
日本の4人組ロック・バンドによる6th。「Homely」 以後のAOR的な要素は後退し、ボサノバやラテンの要素を取り入れた新機軸も。主成分のサイケロック×ミニマル路線は継続。今後も本路線を醸成していく方向か。

 18. Taylor McFerrin / Early Riser
ブルックリンのプロデューサー、テイラー・マクファーリンのデビュー作。Sa-Ra Creative Partners がやっていたようなフューチャリスティック・ソウルのボトムをジャズ化。絶え間ないリズムの更新の一端が聞ける。

 19. Theo Parrish / American Intelligence
デトロイトのプロデューサー、セオ・パリッシュによる7年ぶりの新作は、ドラムの組み方に狂気さえ感じる怪作。ドス黒さは相変わらずだが、Shackleton に比肩するような、ある種のホラーめいた空気さえ漂わせる。

 20. 森は生きている / グッド・ナイト
武蔵野が本拠の6人組ロックバンドの2nd。現実と夢の境界線が曖昧になったような、サイケデリックな色彩を帯びた作品へと変化したが、1stでも聞けた美しいモノトーンな風合いは健在。Tim Buckley の諸作を彷彿させる。


Vol.3 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2015-01-27 00:04 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

2014年の音楽ベスト Vol.1

あけましておめでとうございます。

年始恒例の音楽ベストです。2014年は、インディ系R&Bのような、非常に言葉は悪いんですけど、シミったれた感じの音楽を聞く気にならなかった年でした。歌は世につれ世は歌につれ、なんて言葉もあるように、自分の心のありようによっても、欲する音楽も変わってくるわけで、自分にとって2014年はそういう年だったんだと思います。

では、どんな曲を聞いていたかというと、多幸感のある曲、たとえ暗くっても色気やユーモアがある曲。あとは、どこかまどろんでいるような曲。ときに、オラオラした(勢いのある)ヒップホップなどを好んで聞いていたような気がします。

こうした心持ちは、10年ほど勤務した会社を辞めようと悩んだこと。退職を決意したこと。キャリアを棚卸ししたこと。転職活動をしたこと。退職の挨拶回りをしたこと。そして、新しいキャリアが始まったこと。という一連の行動が約半年ほどありまして、その影響がとても大きかったのかなーと思います。転職活動は、幸い苦しいということもなく、けっこう楽しくて貴重な経験となりました。あとは、担当してくれた転職エージェントのお姉さんが、ドS美人というのも最高でしたね(笑)

ずいぶんと話が逸れてしまいましたが、気を取り直して、ベストのアルバム10枚(順不同/アルファベット順)から。今回も合計30枚+αを紹介したいと思います。では、今年もよろしくお願いします!!

◆Best 10◆
 1. Andy Stott / Faith In Strangers
マンチェスターのプロデューサー Andy Stott による4th。ダークかつインダストリアルな質感は変わらないが、Alison Skidmore のヴォーカル曲が増え、前作以上に流麗。"Science And Industry"は、2014年で最もセクシャルな楽曲。

 2. D'Angelo / Black Messiah
もはや幻に終わるかと思っていた、ディアンジェロの3rd。既に 「Voodoo」 の洗礼を受けてしまっているため、衝撃を受けるということはなかったけれど、ここまでアナログの、ごった煮ブラックミュージックは、彼にしか作れないという事実。

 3. Especia / Gusto
大阪は堀江発の6人組アイドルの1stフル。"Strings Of Life" まで召喚、なんていうヴェイパーウェイヴ的なことなんかは結構どうでもよくて、横ノリできる良曲を連発してくれるのがアイドルだなんて、最高に痛快だと思ってます。

 4. Febb / The Season
Fla$hBackS のクルー、Febb による1st。もうね、漲ってますよ。ふてぶてしいほどのエナジーが端々に。東京、ニューヨーク、カリフォルニアの過去・現在を縦横無尽に横断。ヒップホップを更新しようっていう、この気概がたまらない。

 5. The Ryan Driver Quintet / Plays The Stephen Parkinson Songbook
カナダのSSW、ライアン・ドライヴァーによるジャズ・クインテットの1st。楽曲は同じトロントで活動する、スティーヴン・パーキンソンによるもの。オールディーなジャズと、フリーク・トーンを奏でるギターとのマッチングが絶妙に浪漫ちっく。

 6. 菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール / 戦前と戦後
ほぼ全編ヴォーカル作の4th。決して上手い歌ではないんだけど、聞き続けていると、味があると思ってしまう、慣れというマジック(笑)。とはいえ、以前より上手くなってるのも事実。ジャズ/ラテン等ごった煮の珍妙な歌ものを恐ろしく甘美に。

 7. きのこ帝国 / フェイクワールドワンダーランド
日本の4人組ロックバンドによる3rd。飛躍の予感は本物に。モノクロの世界が色づいた瞬間を共有できたような、この喜びをなんと表現したら良いのか。このインタビューは短いけど良いですね。俺もダサいことは言ってたくないです。

 8. 坂本慎太郎 / ナマで踊ろう
「幻とのつきあい方」 も十分に奇妙なポップスだったが、これはもはや怪作といった類のもので、しかも耳障りは前作以上に心地よい。どこに所属するでもないものを作ることは、不安感を炙り出す行為でもあると、本作が教えてくれる。

 9. シャムキャッツ / After Hours
日本の4人組ロックバンドの3rd。このアルバムを聞くと、どこか懐かしい風景が思い浮かび、ふと懐かしい匂いがする。いま現在のリアルが伝わってくる音楽で、リスナーの側に寄りそってくれる作品。日本のサウダーヂですよ、これは。

 10. 蓮沼執太フィル / 時が奏でる
蓮沼執太が束ねる、15名で構成されるポップ・オーケストラの1st。たおやかでポップな音が折り重ねられた楽曲の数々からは、心地よい多幸感がリスナーに向かって押し寄せてくる。世界に向かってハローなんつって手を振る感じもあり。


Vol.2 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2015-01-12 23:06 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)