日本 vs コロンビア (1-4)

ブラジル・ワールドカップ第3戦。スタメンは以下の通り。

     大久保
 香川 本田 岡崎
   青山 長谷部
長友 今野 吉田 内田   GKは川島


原点に立ち返るという意味では、その狙いを感じる先発メンバーに変更してきたザック。左サイドに、香川、青山、長友を配置し、日本が得意とする左から崩す意図が伺えた。対するコロンビアは、既に決勝トーナメント進出を決めていたため、ハメス・ロドリゲスなど主力を休ませてきた。

前半は、青山や吉田などが、トップに早くボールをつける、縦に早いサッカーを志向していた。2点以上の差をつけて勝利したい日本にとって、この志向は当然の成り行きと言える。とはいえ、縦に急ぎ過ぎている場面も多く、冷静な精神状態とは程遠いことが垣間見えた。開き直ったというよりは、追い詰められていたと言う方が正確でしたね。そんな精神状態で、今野のファールからPKを献上し、先制点を取られると、正直終わったと思ってしまったが、前半のロスタイム、本田のクロスを岡崎が見事なヘディングを決めて同点に追いつき、前半を終える。

しかし、ここで安心したのも束の間。後半頭からハメス・ロドリゲスを投入し、形成は一気にコロンビアへ傾いてしまう。そして、第1戦のドログバと同じく、違いを見せるハメス・ロドリゲスにゲームを掌握されて、瞬く間に追加点を奪われる。そこからは、前へ人数をかける日本から、カウンターで効率良く追加点を挙げ続けられ、4失点という大差での完敗となってしまった。ザック・ジャパンの試合だと、ブラジルとの2試合やウルグアイ戦がデジャヴしたひとも多いでしょうね。

3試合を通して思ったことは、また別に書こうと思います。
[PR]

# by bigflag | 2014-06-25 23:38 | ・サッカー / 日本代表 | Comments(2)  

日本 vs ギリシャ (0-0)

ブラジル・ワールドカップ第2戦。スタメンは以下の通り。

     大迫
 岡崎 本田 大久保
   山口 長谷部
長友 今野 吉田 内田   GKは川島


消極的な試合運びをしてしまったコートジボワール戦の反省から、この試合ではブラジル大会までの4年間で目指してきた、自分たちがボールを保持して主導権を握るサッカーに立ち返ろうという姿勢が、この日は序盤から見える試合運び。

しかし、香川と遠藤をスタメンから外し、岡崎を慣れ親しんだ右サイドではなく左サイドで起用した、スタメンを見ても分かるように、チームのアイデンティティに対する、ザックの迷いが如実に現れた布陣だった。さらに、香川を投入後、岡崎を右サイドではなくFWに再配置するなど、ほとんど付け焼き刃の弱点(守備)の修正が、余計に混乱を招いているようだった。

つまるところ、ザックはチームのアイデンティティを取り戻すことと、弱点を修正することの二兎を追ったわけですが、ギリシャは日本の弱点を突く戦術(ボールホルダーへの厳しいプレス)は取ってこず、引いて守ってきたため、弱点修正のための慣れない布陣が、かえって攻撃の遅滞を生み、素早いコンビネーション・プレーはほとんど見られない結果となってしまった。

ギリシャがひとり退場後は、バイタルエリアのスペースを埋められたことで、中央をまったく攻略できなくなり、可能性のないサイドからのクロスに終始し、最後はまたもやパワープレーを選択するも、結局はスコアレスドローで試合終了。上記のことに加え、交代枠も一つ残していたため、日本のサポーターにとっては消化不良を感じさせる試合になってしまった。

このスコアレスドローにより、地力で決勝トーナメント進出するには、日本がコロンビアに勝ち、コートジボワールがギリシャに負けるという2つのハードルが設定されたわけですが、これは非常に厳しい状況ですね。この状況ではもはや開き直るしかないため、原点に立ち返り、4年間続けてきたことを存分に披露して欲しい。つまり、守備ザルのバカ試合でも可ってことです(笑)
[PR]

# by bigflag | 2014-06-23 00:28 | ・サッカー / 日本代表 | Comments(0)  

日本 vs コートジボワール (1-2)

ブラジル・ワールドカップ初戦。スタメンは以下の通り。

     大迫
 香川 本田 岡崎
   山口 長谷部
長友 吉田 森重 内田   GKは川島


直前の強化試合でも、ザル過ぎる守備を改善できなかったことが影響してか、積極的なプレスは影を潜めて、消極的な立ち上がり。もっと行った方が良い、とは解説の岡ちゃんが序盤に何度も繰り返していたけれど、本田のスーパーゴールで先制したことにより、引いた状態で守備が続く。そうこうしているうちに、コートジボワールが楽にパスを回すようになり、走らされ続けた日本は前半終盤には足が止まるという悪い兆候が出始めており、前半で同点に追いつかれなかったのは、運が良かったという展開だった。

これはマズいと感じたザックは、長谷部を外して遠藤を投入。この交代は、ボール・ポゼッションを日本に引き寄せようという策だったが、雨の影響かミスパスが多いことと、フィジカルで大きく差のあるコートジボワールに当たり負けする場面が多く、本田でさえもボールを収めることができなかったことが影響し、ボール・ポゼッションを高めようという策は実らなかった。

完全に足が止まったところで、ドログバが投入され、さらに引き気味になることにより、プレスがかからなくなり、日本の左サイドが崩されて2失点で逆転負け。終盤にはパワープレーに頼るなど、チームのアイデンティティが瓦解したような印象すら受けた。

短期間で立て直すのは困難なミッションだが、攻撃ではパスワークを、守備ではインテンシティを取り戻さなければ、グループリーグ突破は見えてこない。初心に立ち返り、この4年間で目指してきたサッカーを披露して欲しい。コンフェデでは、初戦のブラジル戦で同じような罠にハマったが、イタリア戦ではチームのアイデンティティを取り戻すことができた。今回は相手がギリシャなんだから、それが出来れば、コンフェデとは違い、勝つことも叶うはず。
[PR]

# by bigflag | 2014-06-15 23:28 | ・サッカー / 日本代表 | Comments(0)  

B'z / Tonight (Is The Night)

こないだ久しぶりに行ったカラオケで、この曲は歌わなかったんだけど(ってか、高い声出ないから歌えません)、この曲も、チェッカーズの "ミセスマーメイド" と同じく、アーバンの文脈で再評価されても良い曲。このライブではサックスが入ってないけど、オリジナルではサックスも入っていて、非常にメロウな仕上がり。どのベスト盤にも収録されてないのが不思議なほどの名曲。ちなみに、オリジナルは 「In The Life」(91年)に収録されてます。

コメントでも突っ込まれてるけど、稲葉のファッションがすごすぎる。上半身裸の上に革ジャンを羽織り、下はヒョウ柄の短パンという出で立ち(笑)。ガンズのアクセル・ローズのファッション・センスを少々こじらせたくらいでは、この出で立ちにはならない。しかし、こんな変態まがいのファッションでも!、これだけ真っ当な色気を大量に醸し出す稲葉さん(笑)。こういう人がスターになるんでしょうね~。ついつい、稲葉さんに目が行ってしまうけど(笑)、松本のギターもホント良いよなあ。


[PR]

# by bigflag | 2014-06-12 23:35 | ・徒然記 | Comments(0)  

チェッカーズ / ミセスマーメイド

こないだ何年かぶりにカラオケに行って、めっちゃ格好つけてこの曲を歌ったら、チョー気持ちよかったです。でも、この曲を知ってるひとが誰もいなかった(笑)。ここ数年で、アーバン・ポップとかシティ・ポップと言われる類の音楽の再評価が進んでいるけど、この曲を無視してはダメでしょう。もう藤井フミヤの色気がハンパない。この所作や佇まいたるや、これぞアーバンを地で行く色男!! しかし、これを作曲したのは、正面から見てフミヤの左隣にいる鶴久さんという、アーバンから程遠い男ってのがまた味わい深い事実で(笑)

と、知ったような口を聞いてますが、チェッカーズは 「ギザギザハートの子守唄」 などの有名曲くらいしか実は知らなくて(笑)、この曲がリリースされた頃(91年)の後期(というより末期)チェッカーズって、実はほとんど聞いたことないんですよね。この 「ミセスマーメイド」 を聞く限り、ブラック・ミュージックに傾倒してる感がありありとしてるんで、それを期待して、末期チェッカーズを掘ってみようと思ってます。


[PR]

# by bigflag | 2014-06-03 00:23 | ・徒然記 | Comments(0)