Such A Funky Thang! -久保田利伸を語る- Vol.3

80年代のファンクといえば、真っ先に名前の上がるのが Prince ですが、久保田利伸もまた同時代のミュージシャンたちと同じく、ミネアポリス・ファンクに挑戦しています。87年の 「Groovin'」 に収録された "ダイヤモンドの犬たち" と、88年の 「Such A Funky Thang!」 に収録された "Boxer" の2曲がそうで、Prince の “Head” あたりを想起させる仕上がりです。ライブ映像である"ダイヤモンドの犬たち" は、特に必見のパフォーマンスを発揮しています。

   

バラード・シンガーとしても定評のある久保田利伸ですが、バラードの最高傑作はファンに一番人気の "Missing" ではありません。"Indigo Waltz '93" が最高傑作でしょう。この曲は当初、「Such A Funky Thang!」 に収録されていたのですが、「The Baddest II」 にも再録されています。「The Baddest II」 版の方が歌も演奏もよりソウルフルで、最高に色気のあるソウル・バラードに仕上がっています。ソウル色こそ出ていませんが、"Missing" も色褪せない名曲のひとつです。

   

"Indigo Waltz" を探していると、2007年に久保田利伸と Exile の Atushi が共演している動画がありました。Exile もいちおう R&B 系のビートを取り入れているグループですが、久保田の登場から20年が経った現在も、R&B 系シンガーのほとんどがポップスやロックの領域から依然として出ていないことが、Atsushi の歌を聞けばよく分かると思います(久保田に対するリスペクトの気持ちは伝わってきますけれど)。あと、歌番組で後ろの席に座っていた、松田聖子を泣かせたという "Missing" もありましたので、興味のあるひとはこちらの動画をご覧下さい。

今回は、「Such A Funky Thang!」('88) の収録曲を中心に紹介したわけですが、同作収録の "Dance If You Want It" は、先に紹介した "You Were Mine" と同系統の曲ながら、ブラックな音使いが格段に増しています。このアルバムは初めて海外レコーディングを行った作品で、自分のやりたいことを次々と実現させていた一番の充実期と言えるでしょう。

続いて、最も久保田らしい曲を紹介しておきます。ブラック・ミュージックのエッセンスのひとつである、ファンキーという感覚を日本に持ち込みたいと考えていた久保田利伸にとって、この "TAWAWAヒットパレード"('87/「The Baddest」 収録) という曲は、会心の出来だったのではないかと思います。トシちゃんがダンスで乱入するなど最高に楽しい雰囲気で、なんというか良い時代だったことを感じさせる映像です(笑)

   

by bigflag | 2010-04-30 00:02 | ・久保田利伸を語る  

<< Such A Funky Th... Such A Funky Th... >>