Such A Funky Thang! -久保田利伸を語る- Vol.9

Wikipedia によると、"久保田利伸のプラネット・フレーヴァ" という全国ネットのラジオ番組が1995年10月に始まっています。この番組で久保田が流していた、昔のソウルやファンク、そして、当時のR&Bやヒップホップが、僕の音楽リスナーとしてのバックグラウンドのひとつとなっています。そんなわけで、今回は久保田がラジオ番組で流していた(多分です。なんせ10年以上も前の話なので記憶が曖昧w)、名曲を振り返りたいと思います。

以前に少し触れましたが、久保田利伸は大の Zapp 好きで、アルバム一枚に一曲は必ずと言っていいほど、トーキング・モジュレーターを使用しています。僕も同じく Zapp が大好きなんですけど、ヴォーカリストである Roger のソロ作は特に最高です。左下は "I Wanna Be Your Man" というラブ・ソングですが、ライブで見えると絵的にも凄いです。トーキング・モジュレーターの管を口に咥えて変声を出しながら、愛について歌っているこの姿。良い意味で完全に狂ってます(笑)。で、右下は何曲かメドレーで歌ってるんですが、トーキング・モジュレーターを自在に使いこなす Roger を見ているだけでも楽しい絵面です。このライブには、久保田利伸が追い求めるファンキーという感覚が詰まっていると思います。

   

この番組で、久保田利伸は R&B だけでなく、ヒップホップもかけていて、特にメロウなヒップホップを選曲していたと思います。ちょうどこの時期は、ギャングスタ・ラップの全盛期だったこともあり、2Pac などの楽曲が取り上げられていました。

左下が Joe Sample の "In All My Wildest Dreams" をサンプリングした 2Pac の "Dear Mama"('95) という曲で、右下は Mtume の "Juicy Fruits" をサンプリングした The Notorious B.I.G. の "Juicy"('94) という曲です。この時期らしい大ネタ使いで、オリジナルまんまのメロウなトラックです。ある意味で安易な、こうした大ネタ使いによるトラックの分かりやすさが、ヒップホップをメジャーのど真ん中へと押し上げたのです。また、これらの曲を聞けば、ヒップホップ側からも R&B に近づいていたことが分かります。

   

ただですねえ、ギャングスタ・ラップに関わっていた人たちって、全然メロウじゃないんですよね(笑)。だって、The Notorious B.I.G. を初めて見たとき、ちょっと引いちゃいましたもん。こんな悪そうな奴、見たことねえよと。ワルそうな奴はだいたい友達、じゃなくて、本当にワルい奴と友達だという(笑)。事実、このムーヴメントの2大スターであった、2Pac と The Notorious B.I.G. はともに銃殺されてしまいます。とにかく、自分の日常とかけ離れた彼らの音楽やルックス(笑)は、トラックの良さを含め、僕にとっては大きな衝撃でした。そういえば、吉田秋生の 「Banana Fish」 を読んでいるとき、ギャングスタ・ラップを BGM にしていたんだよなあ。急にフラッシュバックしてしまった(笑)

そして、忘れてはいけないのが、90年代におけるソウル・バラードの最高峰、Monica の "Before You Walk Out Of My Life"('95)です。15歳の少女とは思えないディープな歌声と、メロウなグルーヴに心身を委ねたひとも多いはず。タイムレスな名曲だと思います。この曲の音使いは、久保田利伸にも大きな影響を与えています。



by bigflag | 2010-05-19 00:34 | ・久保田利伸を語る  

<< Such A Funky Th... Such A Funky Th... >>