アルゼンチン vs ナイジェリア (1-0)

ある意味で(笑)、今大会における最注目チームがマラドーナ率いるアルゼンチン。後ろ4枚をCBで埋めて守備を固めて、攻撃はメッシのドリブル突破次第、という完全に前後が分断したサッカー。SBのところにCBを置いているもんだから、サイドアタックする気もまったくなし。マラドーナならではの独創的な戦術(笑)。メッシに体力のあるうちはアルゼンチンが押し気味に進め、メッシの動きが鈍くなってきたらナイジェリアが優勢になるという試合で、メッシとマラドーナに振り回された一戦と言っても過言ではないと思います(笑)

ナイジェリアのGKがファインセーブを連発したことで、僅差の試合に終わりましたが、それがなければアルゼンチンが大勝してもおかしくなかった内容でした。ゴールこそ決まりませんでしたが、メッシはコンディションも良さそうで、次戦以降に大爆発してくれるかもしれません。ただ、チームとしては良くてベスト8が限界だと思いますが、異色のチームスタイルで大いに盛り上げてくれることは間違いないでしょう!!(笑)
[PR]

by bigflag | 2010-06-14 12:41 | ・サッカー / 国際試合 | Comments(0)  

<< イングランド vs アメリカ ... 韓国 vs ギリシャ (2-0) >>