起きたら、前園が引退していた

もう9年も前のことなのか、アトランタ五輪があったのは。前園というと、アトランタ五輪よりもアトランタ五輪の最終予選でのプレーが印象に強く残っている。あの頃の前園は、五輪を目の前にして、過度の緊張や不安と強い野心がない交ぜになり、凄い形相でプレーしていたよなあ。

「本当は35歳までプレーするつもりだった」という言葉が少し悲しいけれど、ベオグラードへの入団試験という高いハードルに挑戦して、自分のサッカー人生の今後を決めようとするなんて、前園らしいといえば、そうかもしれない。本当にお疲れ様でした(ゾノと義経伝説)。ベオグラードの試験に落ちたと聞いた時に、城のいる横浜FCにでも行くのか? なんて想像したりもしていた。あの小倉だって、まだ引退してねーのになあ・・・

まずは、「ジャンクSPORTS」への出演でしょうかw
[PR]

by bigflag | 2005-05-21 13:37 | ・サッカー / 駄文 | Comments(0)  

<< 69 Sixty Nine (... 初恋のきた道 / 我的父親母親... >>