2017年の音楽ベスト Vol.2

続いて、次点のアルバム10枚(順不同/アルファベット順)をご紹介。

◆Best 20◆

11. Awich / 8
沖縄出身のラッパー/シンガーによる10年ぶりのフル。プロデュースは Chaki Zulu。インディーR&B的な音を中心に、ダンスホール、ハウスなど様々なビートの上で、自身のパーソナリティをオープンに力強く表現している。色々な意味でシームレスな傑作。

12. Blue Note All-Stars / Our Point Of View
レーベル75周年イベントの為に結成されたグループ。メンバーは Robert Glasper 中心とした界隈から。Witch Hunt(Wayne Shorter)等がカバーされているが、マイルスの黄金クインテットをアップデートしたような、ストレート・アヘッドなジャズの熱演が聞ける。

13. CBS / Classic Brown Sounds
3人組ヒップホップグループによる初のフィジカル。J Dilla 系譜のよれたリズムとビート、緩くて心地良いメロディ、そこに日常系のラップが紡がれる。このサウンドには郷愁を感じるひとも多いはず。夜、飲んだあとの帰り道なんかに聞きたい作品。

14. G. Rina / Live & Learn
前作を踏襲した5th。80年代のディスコ、90年代のR&Bやヒップホップを昇華したアーバン・ポップなのは変わらず、本作では4つ打ちなどクラブミュージック・テイストも新たに。フライデーラヴ、ヴァンパイア・ハンティングなど、刹那の愛情を歌った曲が特に良い。

15. Garrett / Private Life
ブギーの伝道師Dam-Funkによる別名義。リリース元のレーベル・カラーに合わせ、バレアリックに寄せた内容となっており、その中でもビートを廃し、波の音をサンプリングした13分の大曲”Angel Reflections”は体の芯までとろけるアンビエントに仕上がっている。

16. Maciej Obara Quartet / Unloved
ポーランドのサックス奏者、マチェイ・オバラによるECM初作。夜、雨に打たれた車のフロントガラス越しに見ている風景のようなジャケットだが、艶のあるサックスを静謐なリズムの中で堪能できる。ラスト2曲の静謐を破るフリーキーな演奏もまた良い。

17. Nicholas Payton / Afro-Caribbean Mixtape
92年デビューのトランペッターながら近年はMadlibのYNQを想起させる作品もあり本作はその路線。カリブといってもリゾート感はなく、ジャングルの入り口付近を彷徨っているような怪しげな妖気がうっすら漂う、ロウな質感のフュージョンに仕上がっている。

18. Richard Spaven / The Self
UKのジャズ・ドラマーによる作品。ドラムンベース~ブロークンビーツに焦点を当てたドラミングで、Photek の名曲 ”The Hidden Camera” もカヴァー。クラブジャズの亡霊が叩いているかのようにダークで透徹とした空気感が全編を覆っている。

19. Slawek Jaskulke / Senne
ポーランド出身のスワヴェク・ヤスクウケによるピアノソロ作。眠るときの音楽を聴かせてと娘に頼まれたのが制作のきっかけ。432Hzにチューニングされたピアノにより得られた、くぐもった音色と淡いリバーブの重なりの連続が麗しいひと時をくれる。

20. 水曜日のカンパネラ / SUPERMAN
前作「ジパング」と同じく全ての曲をケンモチヒデフミが担当。フューチャーベースを極限までポップに昇華した曲が揃っており、その中でも ”一休さん” と ”オードリー” はお茶の間までも射程距離に入れた名曲。歌詞はコムアイが担当しても良いのではと思ったり。

Vol.3 へ続く・・・
[PR]

by bigflag | 2018-01-14 17:29 | ・音楽 - 年間ベスト | Comments(0)  

<< 2017年の音楽ベスト Vol.3 2017年の音楽ベスト Vol.1 >>