NUCLEUS 「Elastic Rock」 ('70)

ニュークリアスは、トランペットの Ian Carr (イアン・カー) を中心として69年に結成されたジャズロック・バンド。結成時には、後に Soft Machine へ加入する (73年の 「6」 より) Karl Jenkins (カール・ジェンキンス) も在籍していた。これは 1st アルバム。

吹き過ぎず、弾き過ぎず、叩き過ぎず、本当は汗をかいてんだけど、かいてる汗は見せねえぜってな英国流のダンディズム (そんなのあるのか知らんけど、なんとなくイメージ) を音楽で完璧に表現している、とても格好つけたカッコいいジャズ・バンド。冒頭でジャズロックと紹介したけど、アル・ディメオラ加入後の Return To Forever みたいなギター弾きまくりな演奏がないので、ロック臭はほとんどしない。ジャズ・ミュージシャンがロックに、ロック・ミュージシャンがジャズに引き寄せられた時代の産物ではあるが(ニュークリアスは前者)、時代を感じさせない傑作! 無理してロックやってないのが、この人たちには吉と出たんだろうな。

M1~4 は静謐な雰囲気の曲。その流れを受けつつ、M5 では抑制の効いたトランペットとテナーのインタープレイがクールに響き、聞き手に静かでいて熱い昂揚感をもたらす。M7~8、13 は英国らしい?襟を正したような洗練されたファンク・サウンドが良い。M9、11 は足首だけにリズムを刻ませるようなクールネスに痺れさせられる。全体を通じてだと、浮遊感のあるエレピ、乾いたドラム、聞き慣れないオーボエの音なども耳に残る。
[PR]

by bigflag | 2005-12-27 00:49 | ・Cross Over / Fusion | Comments(0)  

<< Oasis 「(What... M-1グランプリ 2005 >>